運動経験0からのダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小松渚

この前、24/7Workoutに通っている絶賛トレーニング中の方に会ってきました。

その方は、提(さげ)さんという20代後半の女性の方なんですが、
提さんは、今までこれといってスポーツをしたことがなかったんです。

でも、、、

「着たい素敵なドレスがあるんです。
 ダイエットに成功したらそれを着て女子会に行きたいんです。」

と、目標を教えてくれました。

目標に向かってトレーニングをしている提さんは、目を輝かせていました。
でも、提さんは人生の中で運動をしたことがほとんどない方なので、
トレーニングについていけるかちょっと心配になったそうなんですが・・・

「運動なんてほとんどしてきませんでしたが、ここでトレーニングを始めてから
 体を動かす楽しさを初めて知りましたよ~。

 今は家でも走ったりストレッチをしたりトレーナーさんに教わった筋トレをやってます。
 逆に家でじっとしている方が落ち着かなくなっちゃいました。笑」

と話してくれました。(すごい・・・!)

私の周りにも人生の中で運動を本格的にしたことがない友人はいます。
そのほとんどは、運動に苦手意識があり、体を動かすことに消極的になっている気がしていました。

まぁ今までやってこなかったものを積極的にできる人は少ないと思いますが、、、

でも、提さんは今まで運動をしてきたことがない人とは思えないくらいに
毎日トレーニングをしています。

それを本当に楽しそうに話してくれました。

提さんの最終目標はドレスを着て女子会に行くことではありますが、
今は純粋にトレーニングを楽しんでいるように見えました。

最終目標を忘れないことは大切ですが提さんのように
“トレーニングを楽しむ”ことも大切だと感じます。

トレーニング=楽しい

という価値観が生まれれば、パーソナルジムでのトレーニングが終わっても、
自宅で筋トレやストレッチを続けることも楽になりますからね。

まぁ毎日楽しいと思えたら一番いいとは思いますが、仕事で疲れていたりすれば、
「今日は筋トレだるいなぁ」と思うことがあるかもしれません。

でもそういう時にトレーニングをしたとしても、
いい汗かけたし「やっぱりやって良かったわ」って思えたら、、、

それだけでモチベーションが上がって、継続に繋がってくると思うんです。

なので、トレーニングを継続させるために、
トレーニングにポジティブなイメージを持つことが大事です。

とはいっても元々筋トレや走ったりすることにネガティブなイメージを持っていれば、
すぐにそのイメージを変えるのは難しいと思います。

なので、少しずつ価値観を変えるための方法をここで紹介しますね(^^)

○小さな目標を達成させていく

まずは大きな目標を立てるのではなく1日単位でちょっと頑張れば達成できる
目標を立てて、達成させていくんです。

たとえば・・・

少し遠回りしてお散歩がてら歩いて帰ったり、、、

洗い物をするときは、足踏みをしてエネルギーを使ったり、、、

こうやって“やり遂げられるイメージ”をどんどんつけていくと、
トレーニングがポジティブなイメージに変わってきます。

○一人で行わない

仲の良い友人や家族と一緒にトレーニングをしてみると楽しく続けることができます。

たとえば・・・

背筋20回選手権とか、、、

一緒に家の周りを走ったり、、、

ゲームや遊びの感覚でトレーニングをすることが出来るので
楽しく続けられるようになります。

○好きな曲を聴く

あなたの好きな気分の上がる曲を聞きながら行うと、
気分がノッてきて楽しく走ったり筋トレしたりできるようになります。

このように、トレーニングに対してポジティブなイメージを持っておくと、
自宅でも続けやすくなるんです。

あなたはトレーニングに対して
どんなイメージを持っていますか?

もちろん、今日話した

「継続のためにはポジティブなイメージを持つことが大事」

ということは、ダイエットやボディメイクに限った話ではありません。

仕事や勉強、スポーツなど何に対しても継続は大切ですから。

継続は力なり、という言葉がありますが

“やりたくないなぁ”
“面倒くさいなぁ”

という気持ちで継続するより、前向きに捉えて行動すること自体が大事だと私は思っています。

ネガティブなイメージを持っているとイヤイヤ行動することになるので、
ストレスが溜まりますし、継続することが難しくなるからです。

もしあなたの生活の中で、

「これはやりたくないなぁ」
「面倒くさいなぁ」

と思うことがあっても、「これをやるメリットは何だろう?」と考えてみてください。

私は使った食器の洗い物を後回しにしてしまい、仕事で疲れている時などは
「めんどくさいなぁ」と思ってしまう時がありました。

でも、「これは花嫁修業!これを頑張ればお嫁に行ける!」と考えて、
妄想しながら洗い物をしていました。笑

そのおかげで、今では家事全般できるようになり部屋もきれいに保つことができています。

なのでもしあなたに苦手なことがあれば、それをやるメリットを考えてみてください!

それでは。

 

-小松渚

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%91