食事量を減らせる裏ワザ

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:榑井 克也

 

こんにちは

 

榑井(くれい)です。

 

食事って楽しいですよね。

 

僕は食べることが大好きです。

 

以前にもお話したことがありますが、僕は生まれてから18歳頃までノンストップで太り続けてピークで体重110kgぐらいまで上り詰めたことがあります。

 

この事実だけでも、僕がどれほど食べることが好きだったのかを分かってもらえると思います。

 

特に僕は白飯が大好きでした。

 

おかわり自由の定食屋さんなんかでは、平気で3杯ぐらいペロリと平らげていました。

 

もしあなたも、

 

「食べることが好きで好きでしょうがない」

 

「おまけに白飯が大好き」

 

というタイプなら糖質コントロールダイエットを苦しく感じるシーンもあるかもしれません。

 

また、白飯じゃなくても甘いモノや他の糖質のセーブを辛く思っている場合もあるかもしれません。

 

今日は、そんなあなたに食事量を減らせる裏ワザご紹介したいと思います。

 

糖質をセーブすることに苦しさを感じていればそれを和らげる一助になると思います。

 

この裏ワザは超カンタンでお金も掛かりません。

 

今日からスグに始められます。

 

知っていて損はない方法だと思いますから是非読んでみて、試してください。

 

さて、食事量を減らせる裏ワザとは

 

食器を小さくする

 

というものです。

 

え???

 

これだけ????

 

と、思いました?

 

はい。これだけです。

 

「食器を小さくするだけで食べる量が減る」

 

これはアメリカで行われた実験で証明されたことなんです。

 

実験が行われたのは2000年のシカゴ

メル・ギブソン主演のアクション映画『ペイバック』が上映されていた映画館です。

 

この実験では、映画館に来た観客たちに「上映後、売店に関するアンケートに協力して欲しい」と伝えてランダムで二つのグループに分けました。

 

片方のグループには、Mサイズポップコーンとソフトドリンクを渡しました。

 

残りのグループには、まるで子供用のプールとして使われていたかのような特大容器のLサイズポップコーンとソフトドリンクを渡しました。

 

どちらも無料で渡しています。

 

このポップコーンには、ある仕掛けがしてありました。

 

どんな仕掛けかと言うと、意図的に激マズにしてあったんです。

 

実はこのポップコーンは5日前に作られたものでした。

 

噛むとキュッと音がするくらいまでシケらせてあったんです。

 

ポップコーンの味について、ある観客は「発泡スチロールのようだった」と答えました。

 

別の観客はポップコーンが無料だったことをすっかり忘れて返金を要求したほどでした。

 

さて、この実験で研究者たちが知りたかったのは

 

「大きい容器を渡された人ほど、多く食べるのか?」

 

ということです。

 

ポップコーンは全員に配られました。

 

分け合う必要はありません。

 

子供プール並みの特大Lサイズはもちろん、Mサイズもアメリカサイズです。

 

とうてい一人では食べきれません。

 

おまけに中身のポップコーンも激マズです。

 

喜んで食べる人などいません。

 

結果はどうなったと思いますか?

 

Lサイズを渡された人たちは、Mサイズを渡された人たちより53%も多く食べていたんです。

 

この実験では、さらにこう続けています。

 

LサイズグループはMサイズグループより、21回も多く容器に手を突っ込み、173kcalも多く摂取していた、、と。

 

この実験は、シカゴだけではなく色々なところで行われました。

 

でも結果はいつも同じでした。

 

ペンシルヴェニア州でも、イリノイ州でも、アイオワ州でも、関係ありませんでした。

 

上映する映画を変えても関係ありませんでした。

 

すべて同じ結論にたどり着いたのです。

 

「大きな容器を与えらえた方がたくさん食べる。以上」

 

実験に参加した観客たちはこの結果をなかなか信じなかったそうです。

 

「たくさん食べたのは容器のせいだと思いますか?」

 

そう質問されるとほとんどの人が笑いました。

 

「そんなこと(容器のサイズ)は関係ない」

 

「お腹がいっぱいのときは自分でわかります」

 

と、言って質問を笑い飛ばしたそうです。

 

このエピソードを初めて知った時、僕はこう思いました。

 

「そう簡単に食事量が減らせるなら苦労はしない」と。

 

とはいえ、モノは試しです。

 

ご飯茶碗をワンサイズ小さなものに変えてみました。

 

すると白飯の量は普段より減っているはずなのに満足感はそう変わらないんです。

 

むしろ、いつもの茶碗だと「小盛り」程度にしか見えない量でもワンサイズ小さなお茶碗だと「並盛り」~「大盛り」ぐらいに見えるから、視覚的な満足感はアップしたほどでした。

 

食器が小さいと、盛れる量も少なくなります。

 

となると、普段通りの量を食べているだけなのに「おかわり」が必要になる場合もあります。

 

ダイエット中に堂々と「おかわり」できますか?

 

ちょっとしにくいですよね。

 

食器を小さくするだけで食事量が減るのには、そういった心理的なセーブ効果もあるように感じました。

 

「容器が大きいほど、食べる量は多くなる」

 

「容器が小さいほど、食べる量は減る」

 

「ウソでしょ」と感じるかもしれませんが、結構バカにできないものだと思います。

 

食事量を減らせる裏ワザのやり方は食器を小さくするだけです。

 

すぐに実践できますから、ご飯や甘いモノなど糖質のセーブに苦しんでいる場合は是非ためしてみて下さい。

 

無理のない糖質コントロールに少しでも役立ててもらえれば嬉しく思います。

 

それでは。

 

-榑井 克也

 

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。
  • さらに、痩せなかったら全額返金保証します。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部

247ダイエッター編集部

私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。