知ってた?「願えば叶う」の問題点

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:榑井 克也

 

こんにちは

 

榑井(くれい)です。

 

「理想や希望を夢に思い描けば、実現の可能性が高まる」

 

引き寄せの法則とかザ・シークレットとか昔にはやりましたよね。

 

実は僕、この手の考え方が嫌いでした。

 

夢に思い描いた何かを引き寄せた経験がないからです。

 

でも、僕と同じように引き寄せの法則系の話を疑う女性がニューヨーク大学にもいました。

 

彼女の名前はガブリエル・エッティンゲンといいます。

 

ニューヨーク大学の心理学教授です。

 

引き寄せの法則とかその手の話を疑っていた彼女は様々な実験をして引き寄せの法則が正しくないことを立証しようとしました。

 

例えば、ダイエット前の女性たちに協力してもらったある実験では、こんな結果が出ています。

 

ダイエット前に「ほっそり痩せた自分」をイメージしていた女性たちは「失敗して痩せられなかった」とイメージした女性たちよりも体重の減少が10kgほど少なかったそうです。

 

彼女はそうした実験を重ねて、引き寄せの法則を疑っていた自分の考えが正しかったことを立証しました。

 

つまり、

「夢を思い描くと、実現の可能性が遠ざかる」

ということを証明してしまったんです。

 

人間の脳は、フィクションと現実を見分けるのが得意ではありません。

 

だから寝ている時に見る夢が時にとてもスリリングだったり、楽しかったりします。

 

フィクションだと分かっている映画やドラマを楽しめるのも、脳の特性によるものです。

 

私たちが理想や願望を夢に思い描く時、脳は「それがまだ達成できていない夢」と判断できず、「すでにかなった夢」と勘違いしてしまいます。

 

本来なら夢の実現のために奮い立ったりしなければいけないのに、脳は「叶った♪叶った♪」とリラックスしてしまうんです。

 

 

夢をかなえるためにやらなきゃいけないことがあるのに、やる気がでない。。。

 

乗り越えるべき明らかな障害があるのに、挑戦できない。。。

 

これらは、脳の現実とフィクションを見分けるのが得意ではないという特性が原因だそうです。

 

冒頭のダイエットしている女性たちの実験にしても、ポジティブなイメージをした女性たちは、そこで満足してしまったから体重減少が少なかったでのはないかと考えられます。

 

 

でも、夢見ることが問題になりやすいなら、なぜ人は夢を見るのでしょうか。

 

それは、お酒に酔うのと同じように精神的に気分が良いことだからだそうです。

 

ポジティブな夢を見ている時はいい気分でいられますが、夢から醒めて現実に向き合うと気分が落ちたりすることってありませんか。

 

夢に思い描く時の「いい気分」は、目標を達成する前に与えられてしまうご褒美なんです。

 

本来なら目標を達成した時にもらえるはずのご褒美を先にもらってしまうことは、夢を実現するための活力を弱らせてしまいます。

 

 

もちろん、夢見ることが本質的に悪いわけではありません。

 

夢見ることは第一歩でしかない、と分かっていればいいんです。

 

夢を実現するため、楽しい夢に水を差す残酷な現実と向き合い、障害に立ち向かっていかなければなりません。

 

つまり、夢を見たあと「実行の計画」をたてることが重要です。

 

エッティンゲン博士は「実行の計画」をたてるためのシンプルなシステムを提唱しています。

 

それは「WOOP」という方法です。

 

「WOOP」とは次の四文字の頭文字をつなげた言葉です。

 

Wish (願い)

Outcome (成果)

Obstacle (障害)

Plan (計画)

 

手順としては、、

 

Wish-夢をイメージする

 

Outcome-具体的な成果を思い描く

 

Obstacl-現実を直視し、達成への障害について考える

 

Plan-障害に対処する計画を考える

 

というものです。

 

 

例えば、、、

 

Wish-夢のイメージ

痩せてモテたい!

 

Outcome-具体的な成果

10kg落として、この夏はナンパされる

 

Obstacle-障害

夏までに10kg痩せる方法がわからない

 

Plan-障害に対処する計画

2ヵ月で18kg痩せた卒業生がいる24/7ワークアウトを実践する

 

こんな具合です。(軽い宣伝が入ってすいません)

 

 

エッティンゲン博士によればWOOPが優れている点は、

 

・目標が頑張れば達成できるものである時はやる気を後押してくれる

 

・目標の実現可能性が低い場合には効果がない

 

という点です。

 

 

例えば「2ヵ月で10kg痩せる!」は実現可能ですからWOOPがやる気を後押ししてくれますが、「明日、東京都知事になる!」といった実現するのが困難な願望ではWOOPは機能しません。

 

「夢を見てもなかなか叶わない」

 

もし、あなたが僕と同じように引き寄せの法則系の話に疑問を感じていた場合、ぜひこのWOOPを試してみて下さい。

 

それでは。

 

-榑井 克也

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)