頑張らずに自分を変える方法

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:榑井 克也

 

こんにちは

 

榑井(くれい)です。

 

突然ですが、あなたがいつも一緒にいるのはどんな人たちですか?

 

いつも明るい人たち?

 

どちらかと言えば落ち着いた人たち?

 

笑いとおしゃべりが絶えないにぎやかな人たち?

 

「友を見ればその人がわかる」

 

という言葉があります。

 

友人だけじゃなく家族や恋人を見ればその人がどんな人なのかってわかる面はありますよね。

 

実は「人は仲間に似る」というのはさまざまな実験や研究で事実と証明されているんです。

 

 

さらに言えば、これはちょっと

ショッキングな話かもしれませんが、、、

 

「友人同士は体型まで似る」

 

ことが分かっています。

 

『誰かが肥満になると、その人と親しい共通の友人が肥満になる確率は3倍になる』

 

これは、1万人以上の被験者を32年間も追跡したハーバード医科大学院のニコラス・クリスタキス博士の実験で分かったことです。

 

さらに驚くべきことに、肥満が広まった友人同士の物理的な距離は関係なかったそうです。

 

マンションの隣の部屋でも、沖縄と北海道でも、二人の距離は関係なく、肥満は友人や親しい人たち同士の間で“広まる”というのです。

 

これだけだと、ちょっと信じにくいですよね。

 

でもニコラス・クリスタキス博士はこの事実をこんな風にまとめています。

 

「まわりの人々を見て、体型の許容範囲についての考えが変わる」と。

 

この言い方をされると、「体型が似る」というのも分かる気がしませんか?

 

例えば、

 

「あの子もケーキ2つ食べてるし、私も食べちゃおう」

 

「あの人に比べれば、私なんてまだまだデブってほどじゃないか」

 

なんて、考えることありませんか?

 

僕の場合は、小中学校の友人に大柄な子や細身なのにすごい大食いな子がいました。

 

思えば彼らと一緒の時は、自然と食べる量も多くなっていたと思います。

 

高校以降や社会に出てから付き合う友人・知人は、並~少食の人が多かったり、運動好きだったり、細身な人が多くなりました。

 

彼らとよく遊ぶようになってからは、食事量も運動習慣も、服への考え方も変わったと感じています。

 

「友を見ればその人がわかる」

 

これってつまり

 

「友が変われば、自分も変わる」

 

ってことですよね。

 

1000人以上の児童の人生を追跡調査したルイス・ターマン博士は、こう言いました。

 

「どんな人間になるかは、付き合うグループによって決まることが多い」

 

 

もし、あなたがよく付き合うグループに太っている人が多い場合は・・・?

 

付き合いをやめる必要などはありません。

 

でも、彼らと一緒にいるときは無意識のうちに食事の許容量が増えているかもしれません。

 

今回の記事を踏まえて、太っている人たちと一緒にいるときは普段より食事量を控える意識をもってみて下さい。

 

あるいは、痩せている人が多いグループや「こうなりたい!」と思える憧れの人との交流を増すと、案外頑張らないで自分を変えていくことができるかもしれません。

 

それでは。

 

-榑井 克也

 

無料カウンセリングの案内

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)