夏にうってつけ!?冷凍ナッツ

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:榑井 克也

 

こんにちは

 

榑井(くれい)です。

 

アーモンド、くるみ、、

ヘーゼルナッツ、カシューナッツ、、

 

糖質コントロール中のオヤツ・軽食として最適なナッツ類ですが、あなたはどのナッツが一番好きですか?

 

僕はやっぱり食感といい、味といい、カシューナッツが一番好きです。

 

といっても、カシューナッツはナッツ類の中では糖質高めなので、控え目にしたいナッツではありますが、、、

 

そんなナッツ、いつもどのように保存していますか?

 

常温保存?冷蔵?冷凍?

 

オススメは、冷凍保存です。

 

大抵のミックスナッツやナッツ類は常温保存可能です。

 

が、ナッツの天敵は湿気と酸化です。

 

開封後、常温で保存するとシケってしまったり、酸化が進んでしまう場合があります。

 

ですので、常温保存より冷蔵がベターですが、冷蔵よりも湿気と酸化を防げるのが冷凍保存です。

 

 

また、冷凍保存には、湿気と酸化を防ぐ以外にも利点があります。

 

それは、冷凍のまま食べると、パリパリ感とヒンヤリ感がプラスされて、一味変わったナッツを楽しめるということです。

 

特に、暑い夏場にはうってつけの食べ方かもしれません。

 

僕の場合、個人的にはあまり好きではない常温アーモンドや、常温だと目立つ存在ではないくるみも、冷凍アーモンド・冷凍くるみにするとかなり好きになります。

 

もともと好きなカシューナッツを冷凍すると、ますますおいしくなっちゃうので食べ過ぎに気をつけなきゃいけないほどです。

 

戸棚に入っているナッツがあれば、ぜひ冷凍庫に移し替えて「冷凍ナッツ」を試してみてください。

 

ポイントはしっかり半日以上は冷凍することです。

(冷凍が足りないと、パリパリ感とヒンヤリ感があまり感じられません)

 

※一般的な冷凍庫であればガッチガチに凍りはしないので、硬さが問題になることはないと思いますが、歯の弱い方は一応ご注意ください。

 

オマケに、気になるナッツの糖質量一覧を載せておきますので参考にしてみて下さい。

 

品目:糖質量

(50gあたり)

25gは手のひらに軽く1杯くらいの量

 

アーモンド:4.85g

くるみ:2.1g

ヘーゼルナッツ:3.25g

マカダミアナッツ:3.0g

ペカン(ピーカンナッツ):3.1g

ピスタチオ:5.85g

ひまわりの種:5.15g

カシューナッツ:10.0g

 

 

以下、ナッツではないが、ミックスナッツなどに含まれるもの

品目:糖質量

(50gあたり)

ピーナッツ:6.2g

バターピーナッツ:5.65g

ジャイアントコーン(とうもろこしの一品種):33.05g

フライビーンズ・いかり豆(ソラマメを揚げたもの):15.75g

 

ちなみに、ナッツを買う時は「食塩、植物油不使用の素焼きのナッツ」がベストです。

 

塩分の摂り過ぎは「むくみ」につながりますし、植物油は抽出精製の段階で多くの薬品が使われているものもあり、健康に良いものばかりと限らないためです。

 

普段のナッツを冷凍庫に入れるだけで一味変わる冷凍ナッツをレパートリーに入れていただき、食を楽しみながら糖質コントロールを行ってもらえたら幸いです。

 

それでは。

 

-榑井 克也

 

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。
  • さらに、痩せなかったら全額返金保証します。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部

247ダイエッター編集部

私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。