ヒヤヒヤしました・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

From:町田裕希

 

この前は朝から大慌てだったんです。もう、ヒヤヒヤしました、、、というのも、寝坊してしまったんです。

僕はいつも目覚ましで起きるのですが、この日は目覚ましをかけ忘れてしまい、ふと目が覚めたときは・・・

9時25分。

僕の会社は10時から始業なんですが、それまで、35分しかありません。

「マジか・・・もう完全に遅刻じゃん」

起きた瞬間、そう悟りました。

9時25分って言ったら、普段なら家を出ている時間です。でも、寝坊で会社を遅刻するわけにはいきません。とりあえず、冷静になるために
麦茶を一杯飲んで、一息ついたところで考えました。

「どうすれば間に合うのか、、、」

まぁ答えは一つです。最速で準備を終わらせること。

考えがまとまったら直ぐに行動です。1分1秒も無駄にするわけにはいきません。即行で顔を洗って、着替えて、歯を磨いて、家を出ました。

ただ、まだ終わりではありません。なぜなら、会社まで電車に乗って行かなくてはいけないからです。

このとき、10時まで残り25分です。

普段なら電車に乗って、会社まで行くのに25分以上かかります。

このときは「もう無理か、、、体調不良で午前休もらうかな」という悪い考えがよぎりましたが、ここで折れるわけにはいきません。

「まだいける、まだ間に合う」と自分に言い聞かせ、、、全力ダッシュです。

時刻は9時38分、歩いているサラリーマンやおしゃべりしている大学生を横目に駅を目指して全力疾走している僕、、、

でも、その甲斐あってか、丁度よく電車に乗れたんです。ただ乗った電車は間に合うか、間に合わないか、ギリギリの時間の電車。

電車の中で「ハァ、ハァ」と息を整え、

「降車駅から会社まで、
また全力ダッシュか、、、」

と考えていると、直ぐに降車駅に着きました。

「息も整えた、これなら間に合う」と思って時間を確認すると、、、

残り10分。

さて、ここからが最後の正念場です。

会社に向かうサラリーマンを避けながら、走る、走る、、、

もう心の中は「ここまで来たら意地でも間に合わせる」という気持ちだけです。

そしたら、ギリギリでしたが、始業に間に合うことができました。

ということが、この前ありました。

さて、僕の話はこれくらいにして、ここからはダイエットのお話です。

あなたに今日伝えたいことは、

「自分に言い聞かせると頑張れる」

ということです。

僕が今日、会社に間に合ったのも、自分に「まだ間に合う」と、言い聞かせたからだと思います。だから、自分に言い聞かせることって大切なんです。

これはトレーニング中にも威力を発揮します。

トレーニングは体が「もう無理、これ以上できない」となるまで追い込んだほうが良いですよね。

でも、本当の勝負はここからなんです。

トレーニングは限界状態からの1回が凄く効果的なんです。要するに、限界突破するんです。

その限界を突破するために、自分に言い聞かせることが効果的です。

「まだいける、もう一回だけならできる」

このように自分に言い聞かせると最後の力を振り絞って1回できてしまうんです。

実際、僕もトレーニングをして限界突破するときは「まだいける!こんなもんじゃない!」と心の中で自分に言い聞かせています。

この方法は食事コントロールをしているときにも使えます。

食事コントロール中にどうしても自分が好きなものを食べたくなるときってないですか?

そんなときこそ、自分に言い聞かせて欲しいんです。

「ここで食べたら今まで努力してきたことが水の泡になる。まだ頑張れる。私はまだいける」

こんな感じに自分に言い聞かせてあげてください。

僕も食事コントロール中に無性にラーメンが食べたくなった時があり、自分に「まだ頑張れる」と言い聞かせて、ラーメンと戦ったときがありました。

もし、あなたがダイエットをしていて心が折れそうになったときは、自分を勇気付ける言葉や励ましの言葉を言い聞かせてあげてください。

そうすればダイエットのためのトレーニングも、食事コントロールも、うまく継続することが出来るはずです。そして習慣化することもできます。

ここまでできればダイエットは成功したも同然です。自分に言い聞かせてダイエットを成功させましょう。

ではまた!

‐町田裕希

2アンケート