食べても太らない食事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:町田裕希

最近は、暖かくなってもう春ですね。

僕が働いている会社付近の桜もキレイに咲いていて、まさに春って感じです。

さて、今日のお話は、、、

血糖値についてです。

このお話は以前もメルマガでお伝えしたのですが、ダイエットやボディメイクにおいてぜひ意識してほしいポイントになります。

なので、もし知っていたとしても復習という意味で読み頂ければなと思います。

(「知っている」と「出来ている」は別ですので、、、)

血糖値はダイエットにおいてとても大切です。

というのも血糖値の上昇で糖質の吸収率が変わってくるからです。つまり、血糖値の上下で太りやすくなったり、食べてもあまり太らないということが起こるということです。

ちなみに血糖値の上下についてですが、

血糖値が上がれば、糖質の吸収率は上がります。

逆に血糖値が下がれば、吸収率は下がります。

これは今日のお話の中でも大切なことなので、ぜひ覚えてくださいね。

さて、血糖値の上下についてお話しましたが、これは裏を返すと血糖値が上がりにくい食事ならダイエット中でも食べられるということです。

もちろん、血糖値があまり上がらないからといって食べすぎは禁物ですが、、、

そこで、今日は血糖値を上げにくい食事を紹介しますね。

■穀物
・五穀米
・オートミール
・ブランパン

■麺類
・そば
・パスタ(全粒粉)
・春雨

■野菜
・キャベツなどの葉物野菜
・ピーマン、ブロッコリーなどの緑系野菜
・ネギ系

■イモ類
・さつまいも
・干し芋(さつまいも)

■肉類&魚介類
肉類や魚介類は基本的に全て血糖値は上がりにくいです。

■豆類
・豆腐
・納豆
・枝豆

■果物
・バナナ
・りんご
・みかん
・アボカド

などです。

ちなみに、、、
これらの血糖値を上げにくい食事のことをGI値が低い食事と言います。逆にGI値の高い食事は血糖値が上がりやすいということです。

GI値についてはまた別の機会に詳しくお話しますが、今回はGI値というものが、血糖値の上下に影響するということを覚えてもらえたらと思います。

今日は少し短いお話になってしまいました、、、

最後に今日のお話のまとめです。

1つ目

・血糖値が上がれば吸収率は上がる

・血糖値が下がれば吸収率は下がる

2つ目

・血糖値の上下は食べ物のGI値に影響される

この2つですね。

ダイエットを成功させるために、またはより理想的な身体を目指すために、この2つを覚えてくださいね。そして、ダイエット中は血糖値が上がりにくい食事を意識してみてくださいね。

それでは!

-町田裕希

2アンケート