摂取カロリーが低くても太る!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 町田裕希

ある2人のダイエッターがいました。

この2人は食事に気を使い、
ダイエットをしようとしていました。

2人とも1日の摂取カロリーは、
2600カロリーで、

厚生労働省の食事摂取基準の
範囲内に収まる食事です。

しかも食べているものもほとんど同じ。

このまま続ければ2人とも、
少しずつですが、順調に体重が
落ちていくはずです。

しかし、結果は違っていました。

一方はダイエットに成功し、
余分な贅肉がほとんどない、
スリム体型になりました。

ですが、もう一方は、
ダイエットする前と
変化がありませんでした。

なぜ摂取カロリーも同じで
食事も同じようなものだったのに
違いがでたのでしょうか?

その原因は、
インスリンの分泌量にあります。

本来、食事をすると
血糖値が上昇します。

血糖値が上がると、
それを下げる働きを持つ
インスリンが分泌されます。

インスリンが分泌されると
血液中の糖は筋肉や肝臓に運ばれて、

その糖が体を動かす
エネルギーとして変換されます。

(インスリンは糖の運び屋さん
というイメージです)     

しかし、インスリンが過剰に
分泌されてしまうと、、、

血液中の糖が大量に
筋肉や肝臓に運ばれます。

これが問題なのですが、                  
筋肉や肝臓はバケツみたいなもので、
糖を溜めておく量が決まっているんです。

(その人の体質や筋肉量によって
個人差はありますが)

そして、そのバケツの量を
オーバーした糖は

脂肪細胞に運ばれて、
脂肪となってしまうわけです。

つまり、2人のダイエッターの違いは
インスリンの分泌量だったのです。

では、何がインスリンの
過剰分泌に関わるのかというと、、、

・ドカ食い
・高GI食品の摂取
・不規則な食事

などです。

朝、昼、夜しっかり食べる場合と、
朝食抜きで昼を食べる場合とでは、

血糖値の上がり方も変わり、
後者の方が血糖値の上昇が激しいです。

ということは、インスリンが、
多く分泌されてしまいます。

つまり、

同じカロリーを取っていても
食事のリズムでインスリンの分泌量が
変わってくるということです。

では、どうすれば血糖値を急上昇させず、
インスリンの分泌量を
抑えられるかというと、、、

それは、

「食事回数を多くする」

ということです。

1回の量を少なくして、
回数を増やすと
血糖値の高低が緩やかになります。

血糖値の上がり方が緩やかになれば、
インスリンの分泌も抑えられます。

つまり、太りにくくなるということです。

その上で食事制限などすれば、
結果はより出やすくなります。

ですので、、、

もしあなたが

・ドカ食い
・高GI食品の摂取
・不規則な食事

などを行っている場合は、
まずこれらを改善してみましょう。

そして、食事の回数を増やしてみましょう。

そうすると、より痩せやすくので、
ダイエットが効率良くできると思いますよ。

ぜひ、実践してみてくださいね。

今日は少しストーリー風に書いてみました、、、

たまには、こういう書き方も面白いかな、
と思ったのですが、どうでしたか?

今後も役に立つダイエット情報を
配信していくので、
今後とも宜しくお願いします。

それでは!

ー町田裕希

2アンケート