チョコレートの真実!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 町田裕希

こんにちは。

先日、ダイエットチョコレート
という商品を見つけました。

原材料を見てみると、
カカオが85%と書いてありました。

興味本位で食べてみたのですが、
ものすごく苦くて、

「こんなのチョコレートじゃない、、、」

と正直思いました。

本来、チョコレートと言ったら、
甘い印象が強いですよね。

「甘くて、カカオの風味があって、美味しい」

というのがチョコレートだと僕は思っています。

でも、実はこのチョコレートのほとんど砂糖で出来ているんです。

というのも、原材料を見ていると、
一番最初に「砂糖」と出てくるからです。

(原材料は入っている量が多い順に並べて記載されています)

つまり、チョコレートの
原料であるカカオより
砂糖が多く含まれているということです。

ですので、実際は
チョコレート風味の
砂糖菓子と言えるかもしれません。

正直、このことを知ったときは、
凄く驚きました。

僕はチョコレートと言ったら、
カカオが一番多く入っていると
思っていたので、、、

でも、確かに、砂糖を入れないと、
甘くて、美味しいチョコレートは
作れないのかもしれませんね。

たまに、ダイエットを
しているという人でも

おやつにチョコレートを
食べているというのを聞くことがあります。

でも、ダイエットをしているなら、
おやつもダイエット効果が
あるものの方が良いです。

例えば、アーモンドやクルミなど
ナッツ類がオススメです。

ナッツは、脂肪豊富で、
脂質代謝を高め、
脂肪燃焼を促します。

「え、脂肪豊富って何か太りそう」

と思われるかもしれませんが、

ナッツに含まれる脂肪は、
不飽和脂肪酸という良質な脂肪です。

不飽和脂肪酸は体内で
脂肪の燃焼を助け脂肪を
つきにくくしてくれます。

ですので、ダイエットの
助けになります。

また、アーモンドには
抗酸化に効くビタミンEが入っています。

そして、クルミには体内の炎症を抑える
オメガ3入っています。

ですので、ダイエットだけでなく、
健康にも効果的なおやつになります。

ただし、食べ過ぎには注意が必要です。

多くても、1日25g程度に
抑えるようにしましょう。

いくら身体に良いものでも、
食べ過ぎては肥満の原因に
繋がってしまいますからね。

これだけは、しっかり覚えてくださいね。

それでは!

ー町田裕希

2アンケート