宇宙飛行士は歩けなくなる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 町田裕希

こんにちは。

あなたは、こんな話を知っていますか?

宇宙に長期滞在した宇宙飛行士は、
地球へ帰還すると
自分の脚で歩けなくなる

というお話です。

もしかしたら、
既に知っているお話かもしれませんが、

ダイエットに関わる重要なことを
教えてくれています。

それを今からお話するので、
ぜひ読んでみて下さいね。

さて、それでは
早速お話していきますね。

先ほど冒頭でお話したことは、
宇宙飛行士の大西さんが
長期滞在から帰還したことで、
話題になりました。

(随分前のことなので、
覚えていないかもしれませんが、、、)

彼も帰還してすぐは、
自分の脚で歩くことができず、

車椅子に乗ったり、
周りの人に支えてもらっていました。

なぜこんなことに
なってしまうのかというと、

筋肉が急速に減って
しまっているからです。

筋肉はトレーニングの
ような刺激を受けると成長しますが、

何も刺激しないと
すぐに衰えてしまいます。

地上では立ったり、
歩いたりしているだけでも
1Gという重力が加わっています。

筋肉の多くは重力に対して
姿勢を支えるために
働いていますから、

日常生活を送っているだけでも
知らない間に筋肉は使われています。

ですが、宇宙空間で重力は限りなく
ゼロに近くなりますから、
筋肉が使われなくなってしまうんですね。

そのため、筋肉は猛スピードで
衰えていきます。

結果、、、

宇宙に数日滞在しただけでも、
地球に帰還した時には、
自分の脚で立って歩けないくらい
筋力が衰えてしまうんです。

このように、筋肉は使わないと
どんどん衰えていきます。

「私は宇宙は行かないから、、、」

と考えるかもしれませんが、

つねに1Gという重力が
加わっているはずの地上でも、

生活習慣次第では
宇宙空間と同じように
筋肉が減少していくことがあります。

例えば、入院してベッドで
安静にしていると筋肉を使わないので、
どんどん筋力が衰えていきます。

また、健康な人でも
休日ごろ寝をして過ごすと
1日0.1%ずつ筋肉が
減るといわれています。

毎週末に寝ていることが多いと
1か月で通常の1年分の筋力低下を
引き起こす恐れがあります。

筋肉は何もしないと「維持」ができず、
「後退(悪化)」してしまうんです。

ダイエットやボディメイクは
理想に向かって「前進」していくものです。

ですので休日は
少しでも良いので外出したり、
トレーニングをすることをおすすめします。

また、筋肉が衰えると、
日常生活にも支障が出てしまいますので、、、

ですので、ダイエットだけでなく、
生活のためにも出来る限り、
運動を心がけていきましょう。

それでは!

-町田裕希

2アンケート