トレーニングの怪我防止法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:町田裕希

こんにちは。

あなたはトレーニングしていますか?

僕が普段から
「トレーニングはダイエットを
 成功させるために大切です。」

と言っているので、
もしかしたらトレーニングを
しているかもしれませんね。

しかしトレーニングだけでは筋肉は効率的に付きません。
そこで、重要になる栄養がタンパク質です。

これもいつもお話しているので、
もう覚えているかもしれませんね。

ただ、もう一つ重要な栄養素があります。

それはカルシウムです。

なぜなら、カルシウムは
骨を作る栄養素だからです。

骨が身体の芯の部分になるので、
とても大切です。

この骨が骨が弱ってしまうと、
トレーニングで怪我をする可能性が
高くなってしまうんですね。

だから、トレーニングをしているなら
積極的に摂取したい栄養素なんです。

カルシウムは直接的に
筋肉に関わることは少ない栄養素ですが、
とても重要ですからね。

カルシウムは直接的に
筋肉に関わることは少ない栄養素ですが、
トレーニングをしているなら
重要な栄養素になります。

というのも、
トレーニングは筋肉に負荷を掛けますが、
骨にも負荷が掛かるからです。

もし、骨が弱ってしまうと、
トレーニングで怪我をする可能性が
高くなってしまうんですね。

だから、トレーニングをしているなら
積極的に摂取したい重要な栄養素なんです。

さて、ここまでトレーニングで怪我の防止をするためにもカルシウムが必要です。というお話をしました。

ここからは、なぜ骨が弱くなってしまうのか、についてお話しますね。

まずカルシウムとは人の体内に
最も多く存在しているミネラルになります。

体内のカルシウムを100%とすると、
このうちの99%は骨の中に蓄えられて、

残り1%は、イオンとして身体の血液中など、
あらゆる部分に一定の濃度で蓄えられています。

しかし、塩分の摂り過ぎなどで、
血液中のカルシウム不足すると、
身体は骨に蓄えているカルシウムを
溶かして血液中に流してしまうんです。

これで、血液中のカルシウムは
保たれるのですが、

骨のカルシウムが少なくなってしまうので、
骨が弱くなってしまうんです。

このようにして骨は弱くなっていきます。

先ほどもお伝えしましたが、
骨が弱くなると、トレーニングでの
怪我の可能が高くなってしまいます。

ですので、カルシウムを積極的に摂取すると良いです。

ただ、何を食べれば良いのか、わからないかもしれないので、
少し例をお話しておきますね。

カルシウムが豊富な食材は、、

・ヨーグルトなどの乳製品
・丸ごと食べられる小魚
・大豆や青い葉もの野菜
・海藻類

これらの食材にはカルシウムが豊富に含まれているので、オススメですよ。

ぜひ、食事の際はタンパク質と一緒に
これらの食材も取り入れてくださいね。

それでは!

-町田裕希

2アンケート