糖質制限がダイエット逆効果になるとき、、、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 町田裕希

こんにちは。

普段からこのメルマガや24/7Workoutでは

「糖質量を過剰摂取しないこと」

ということを重視して
ダイエットやボディメイクの
サポートを提供していますが、、、

実は、糖質制限をすることで、
というか糖質制限を頑張れば頑張るほど、

ボディメイクにとって
逆効果になるケースが稀にあります。

これは誰でも起こってしまう
可能性があるので、今日はそれについて
メルマガで説明をしようと思います。

まず、なぜ糖質制限をすると、
ダイエットの逆効果になってしまうのかというと、

それは、お通じが悪くなってしまうことがあるからです。

もし糖質制限をしているなら、

「お通じが悪くなった」
と感じることはありませんか?

(逆もしかりで、
 便通が良くなる方もいます)

このお通じが悪くなるということが、
糖質制限がダイエットの
逆効果になってしまう原因です。

で、なぜそうなるかというと、
もちろん体調や体質によりますが、

糖質制限を頑張りすぎたことによる

・食物繊維の不足
・高脂質、高タンパクの食生活

が原因かもしれません。

糖質とは炭水化物に
含まれている物であり、

そして炭水化物には
食物繊維が含まれています。

炭水化物 = 糖質 + 食物繊維

ということになります。

ですので、糖質を制限すると
食物繊維も制限してしまう、
ということが起こる場合があります。

この食物繊維が
「便通を良くする」
効果があるとされているんです。

ですので、糖質制限をすることで
食物繊維が不足してしまうと、
身体に悪影響になる可能性があります。

また、それだけではなく、
糖質制限をすると高脂質、
高タンパクの食生活になることも
原因の1つとしてあります。

プロテイン…
サラダチキン…
鶏肉…
豚肉…
牛肉…
魚…

どうでしょう、
心当たりないでしょうか。

糖質が少ないので
ダイエットやボディメイクには良いのですが、

高脂質、高タンパクも度が過ぎると
「腸内環境の悪化」につながります。

結果、代謝が悪くなり、
さらに便通も悪くなり、、、

便通が悪くなると
さらに腸内環境も悪化し、、、

という悩みが出てきます。

ですので、私たちは

「いかに便秘にならないか」
「いかに腸内環境を整えるか」

ということも重視しています。

もしお通じや腸内環境に
心当たりがあるのなら、

それらに良いとされている
以下の食品を食べてみて下さい。

今からお伝えするのは
糖質もカロリーも低いものですので、
安心して食べていただければと思います。

・納豆
・アボカド
・オクラ
・モロヘイヤ
・春菊
・なめこ
・にら
・ブロッコリー
・インゲン豆
・ほうれん草
・マッシュルーム
・おから
・たけのこ
・まいたけ
・エリンギ
・しいたけ
・しめじ
・ヨーグルト※
・乳酸菌飲料※

など。

厚生労働省によると
1日に食物繊維は

・成人男性であれば20g以上
・成人女性であれば18g以上

摂ることを基準としていますが、、、

厳密に計算するのは大変なので、
まずは上記の食べ物を食べるようにしてみてください。

そして体調の変化を感じたら
食べる量を調整していきましょう。

参考にしてみてください。

それでは!

-町田裕希

2アンケート