筋肉痛を早く治す2つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 町田裕希

こんにちは。

トレーニングの翌日など
筋肉痛になることってありませんか?

トレーニングを継続的に行っている場合は
筋肉痛にはなりにくいですが、
トレーニングを初めたばかりだと、
筋肉痛になることが多いと思います。

筋肉痛になると少し身体を
動かすだけで痛くなるので、
身体を動かすことが
億劫になる場合もあるかもしれません。

このような状態では
仕事に支障がでる可能性もあるので、
筋肉痛を早く治したいと思うのではないでしょうか。

本来であれば、筋肉痛は3~4日で治りますが、
今日はより早く筋肉痛を治す方法を
お伝えしようと思います。

それは、、、

・筋肉を合成する成分となるタンパク質を摂取する。
(体重×1.5g以上)

・8時間以上睡眠し、成長ホルモンを出す。

この2つです。

なぜこの方法が良いのかというと、
それは筋肉痛が起こる原因に関係があります。

筋肉痛とは筋肉がダメージを受けることで炎症が起こり、
痛みになると言われています。

(まだ医学的に解明されていませんが、上記の説が有力になります。)

そのため、筋肉のダメージを回復してあげれば、
筋肉痛をより早く治すことができます。

ですので、効率的に筋肉を回復させることが
筋肉痛はより早く治すためには必要なんですね。

その方法として効果的なのが、先ほどお伝えした、

・筋肉を合成する成分となるタンパク質を摂取する。
(体重×1.5g以上)

・8時間以上睡眠し、成長ホルモンを出す

この2つになります。

トレーニングをしているなら
タンパク質の摂取は問題ないかもしれませんが、
筋肉痛を治すには睡眠も大切になります。

睡眠は忘れがちな場合が多いので、
ぜひ意識してみてくださいね。

今日は筋肉痛を早く治す2つの方法をお伝えしました。

この方法は2つとも行った方が効果的ですので、
出来るなら片方だけでなく、2つとも行ってみてください。

ぜひ、筋肉痛がヒドイときは試してみてくださいね。

それでは!

-町田裕希

2アンケート