ダイエットの土台作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:町田裕希

以前、面白い話を聞きました。

それは「竹」に関する話だったのですが、
あ、これダイエットにも活かせる話だな、
と思ったので共有したいと思います。

実は竹って、
芽が出てから一定期間は
背が高くはならないそうなんです。

どれくらいの期間か知っていますか?

・・・

まあ答えを言ってしまうと、「4年間」らしいんです。

4年間は小さな芽が出るだけで、全然、成長が見られないんです。

でも不思議ですよね、なんで竹は4年間もの間、一向に高くならないのか?

というと・・・

実は、その4年の間に、
土の中に深く根を張り続けているんです。

竹は20メートル以上の高さになります。

当然、それだけ高く成長するのであれば、
しっかりとした根が必要になるわけです。

だからまず、
4年間かけてじっくりと根を張って、

背の高い幹を支える土台を作ってる、ということなんですね。

そしてしっかりとした土台が出来ると、
あとは一気に目に見えるように成長していきます。

ピーク時には、
1日に1メートルも高くなることがあるんだとか。

1日1メートル背が伸びるって、
よく考えたら凄いですよね。

それだけの急成長をしても、
20メートルを超す高さになっても、

根がしっかりしているから
感単に折れるということはありません。

・・・という話を聞いて、
ダイエットも同じだなと感じました。

ダイエットも「土台」が大切です。

例えば、

・筋肉を付ける
・基礎代謝を高める(↑とほぼ同義と言えますが)
・食事コントロールを意識するクセ付けをする

などです。

そのような土台が出来ていれば、
ちょっとくらい食べ過ぎても
劇的に太ることなんてありません。

また、すこし頑張れば
目標の体重にすぐに落とすことだって出来ます。

食事コントロールの意識があれば、
食べ過ぎても次の日以降で調整出来ます。

世の中、
「ダイエットに失敗してしまった」
という声が多いのは、

土台作りが出来ていないのが理由では?
なんて思ったりします。

(もちろん、体質や体調、個々人の状況によって理由はさまざまですが…)

あなたはダイエットの土台、できていますか?

もちろんジムに通っていたり
自身で筋トレをする習慣があれば
土台は作られているとは思います。

ただ、ふと気が緩んでしまうと
習慣がなくなってしまうことがあります。

(他にも環境が変わったり、別のことで忙しくなったりなど)

確かに土台を作れば
痩せやすく、太りにくいカラダを目指せますが、、、

だからと言って、一度痩せたらそれで終わり、ではありません。

その土台を維持するよう、
常に自分を磨いていくことが大切です。

向上心を常に忘れず、
貪欲に自己成長を目指してほしいなと思います。

それでは。

―町田裕希