筋肉を早く付ける「マッスルメモリー」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:町田裕希

突然ですが、あなたは「マッスルメモリー」という言葉を聞いたことがありますか?

あまり一般的には知られていない言葉なので、多分聞いたことないと思います。
(以前に少し紹介したことがありますが、、、)

マッスルメモリーとは、、、

一度筋肉が付くと、たとえそのあと筋肉が落ちても以前の筋肉がついていた状態にすぐに戻る現象のことを言います。

(まるで以前の筋肉量を記憶しているかのように、、、)

例えば、1年間トレーニングを行って、筋肉が付いたとします。
(1年間で筋肉付けた筋肉を50とします。)

しかしその後、仕事の都合などでトレーニングをする時間が減り、1年間トレーニングを全くすることができませんでした。

そうすると、当然ですが、以前に比べて筋肉は落ちますよね。

ですが、、、

この状態から筋トレを再開すると、以前よりも早く筋肉を付けることが出来るのです。

トレーニングを始めたときは50の筋肉を付けるまでに1年かかったのが、1年かからずもっと早く50の筋肉を付けることが出来る、というイメージです。

つまり、身体が最も筋肉が付いていた状態を記憶していて、短期間でそのときの身体になれるということです。

この現象がマッスルメモリーと呼ばれるものになります。

ちなみに、マッスルメモリーが起こる原因は詳しくは分かっていないそうです、、、

ただ、一部では、ホルモンや神経が影響しているといわれています。

どうですか?

人体の神秘って感じで、ちょっと不思議ですよね、、、

さて、今日はマッスルメモリーについてお話しました。

とりあえず、「筋肉は、一度筋肉をつけてしまえば、たとえトレーニングができず、筋肉が減ったとしもすぐに付けることができる」ということを覚えてくれたら、と思います。

あ、最後に、マッスルメモリーを働かせるには、一度筋肉を付けることが前提です。

ですので、まずはトレーニングをして筋肉をつけて欲しいと思います。

初めは簡単なトレーニングで良いので、できることから始めてみてください。

一度筋肉をつけておけば、たとえリバウンドしてもダイエットしやすくなりますので!

それでは!

-町田裕希

2アンケート