運動の効果を最大限効率的にする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:町田裕希

こんにちは。

普段からお伝えしていることですが、ダイエットで成功するには、食事と運動が大切ですよね。

改めて少し説明すると、

食事とは

「1日の糖質摂取量を体重×1g以内に抑えること」です。

そして、運動とは

「週2回のトレーニングのこと」です。

この2つはいつも僕たちが、普段から「大切ですよ!」とお伝えしていることなので、もしかしたらもう覚えてくれているかもしれませんね。

そこで、今日はこのダイエットで大切な運動を少し掘り下げようと思います。
(以前にも少しお話しましたが、、、)

運動は理想の体型作りに大切ですが、「どこの筋肉を鍛える運動をするのか」も重要になります。

なぜなら鍛える筋肉によってダイエットの効率も大きく変わってしまうからです。

これには筋肉の付き易さと基礎代謝に関係があるのですが、後半で説明しますね。
きっとその方が理解が深まると思うので、、、

ですので、まず先に「どの筋肉を鍛える運動が良いのか」をお伝えします。

それは・・・

・脚を鍛える運動
(スクワットなど)

・背中を鍛える運動
(懸垂、背筋など)

・胸を鍛える運動
(ベンチプレス・腕立て伏せなど)

この3つになります。

これを聞くともしかしたら、女性は「私、足には筋肉をつけたくない」と思う場合もあるかもしれませんが、安心してください。

女性はホルモンの関係で相当キツイ運動をしない限り、ムキムキになることありません。

さて、話を戻して、次はなぜこれらの筋肉がダイエットに重要なのか、をお話していきます。

それは、体の中で特に大きな筋肉だからです。

大きな筋肉は小さな筋肉に比べて付き易く基礎代謝を上げ易いです。

基礎代謝が上がれば、痩せやすく、太りにくい体を作ることができます。

そうすると、理想の体型にも近づきますしリバウンドもしにくくなります。

だから、脚、背中、胸を鍛えることが重要になるんですね。

あ、ちなみにこの3つの筋肉を鍛えるには適した順番があります。

それは、

「脚、背中、胸」の順番です。

この順番は筋肉の大きい順になります。

なぜこの順番が良いのかというと、運動の最後に大きな筋肉を鍛えようとすると身体にエネルギーがなくなり、疲れしまう場合があるからです。

そもそも、筋肉を鍛えるには、エネルギーが必要になります。

これはたとえ腕のような脚に比べて小さな筋肉でも運動をすると、エネルギーは使われていきます。

もちろん、脚のような大きな筋肉ならなおさらエネルギーは使われます。

そしてもし、小さな筋肉の運動で、エネルギーを使い果たしてしまうと、大きな筋肉を鍛える際には、エネルギーが切れてしまい、疲れてしまう場合が多いんですね。

疲れた状態で運動をすると怪我をする可能性も上がりますし、筋肉を追い込むことがしにくくなります。
これでは効果的な運動は言えません。

だから、大きな筋肉の順番で鍛えることが効果的な運動をする際には重要になります。

その方が結果も早く出やすいですからね。

少し話しが長くなってしまったので、最後に今日お伝えしたことをまとめますね。

1つ目、

運動をするなら脚、背中、胸を鍛えると、効率的なダイエットができる

2つ目、

脚、背中、胸の順番で鍛えると、疲れにくく効率的な運動ができる

この2つです。忘れないでくださいね。

もし、あなたが理想の体型を目指し、運動をしようと考えているなら参考にしてみてください。

それでは!

-町田裕希

2アンケート