空腹が辛いときはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:町田裕希

あなたはダイエットをしていて「空腹」に悩むことはありませんか?

空腹になると集中できなくなってしまい、仕事は捗らないし、お腹が鳴らないように意識したりして大変です。

僕も会社で仕事をしている時に空腹に悩まされたことがあります、、、

ただ、ダイエット中はお腹が空いたからといって軽い気持ちで食事のするのは避けた方が良いです。

というのも、空腹時に食事をすると一気に血糖値が上がり、普段より吸収率が高くなり、太りやすくなってしまうからです。
また、カロリー過多なってしまう可能性もあります。

ですので、空腹だからといって軽い気持ちで食事をするのはオススメしません。

しかし、そのまま空腹を耐えるのもストレスになりますよね。

そこで、今日はダイエット時の空腹を抑える対処法を3つお伝えしようと思います。

・1つ目、水を飲む

お腹が空いた時に、水を飲むことで「空腹」を抑えることができます。

というのも、体内の水分が減少すると、食欲が増し、それが空腹を引き起こすことがあるからです。

つまり体内の水分不足が空腹を招いている原因になるということです。

また、水を飲むことで、脳が食事をしたと勘違いするので、空腹を抑えることができます。

・2つ目、低糖質食品を食べる

2つ目は普通のご飯やパンなどではなく、低糖質の食事をすることです。

先ほどもお話しましたが、空腹時に食事をすると吸収率が高いです。

この状態で糖質が多い食品を食べてしまうと、より糖質を吸収してしまい、肥満の原因になってしまいます。

ですので、空腹時は普段より意識して、低糖質のものを食べるようにしてください。

ちなみにオススメは「サラダチキン」です。

サラダチキンは低糖質、高タンパクなので、ダイエットには最適な食品です。

さらに1つで結構お腹に溜まるので、空腹も解消されると思います。

・3つ目、ガムを噛む

「何かを噛む」という行為は、満腹中枢を刺激して空腹感を抑えることができます。

だから、お腹が空いた時に、ガムを噛むのも良いでしょう。

ガム1つ程度なら糖質、カロリーともに高くないので、オススメです。

ちなみに、僕は空腹になったときはガムを食べて解消しています。

今日は、3つの空腹の対処法をご紹介しました。

もし空腹に悩んでいるなら参考にしてみてください。

それでは。

-町田裕希

2アンケート