ダイエットに重要な栄養の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
これだけでOK!オススメ体幹トレーニング方法8選

From 町田裕希

こんにちは。

今日は栄養素について改めてお伝えしようと思います。

といのも、僕たちの身体は自分で摂取した栄養素からできているからです。

ですので、身体に良いものを食べていれば、健康になります。

逆に、身体に悪いジャンクフードなどを食べていると肥満や高血圧などが起こってしまう可能性が高くなります。

つまり、どのような食事をするか、がダイエットにはとても大切になります。
(当たり前のことですが、、、)

そこで今日は食事の基本である三大栄養素についてお話ししていきます。

この三大栄養素については既に知っているかもしれませんね。

ただ、これはダイエットや健康にとても大切になることですので、おさらいという意味で読んでいただけばと思います。

まず、三大栄養素とは何でしょうか?

少し思い出してみてください。

答えは、、

・炭水化物(糖質)
・タンパク質
・脂質

のことです。

これらにはそれぞれ特徴があります。

【炭水化物(糖質)】

体を動かすエネルギーとして使われます。
ご飯、パン、麺類、果物、お菓子、ジュースなどに含まれています。

【タンパク質】

筋肉、皮膚、髪、内臓、血液、骨など体の構成要素になる。
エネルギー源となる優先度は低いです。
肉、魚、卵、大豆製品、乳製品などに含まれています。

【脂質】

体を動かすエネルギーとして使われる他、代謝に必要な各種ホルモンの材料になります。

肉や魚、卵。そして油に含まれます。

 

さて、三大栄養素の特徴をお伝えしましたが1つ意識して読んでほしいところがあります。

それが糖質についてです。

実は糖質は身体のエネルギーにしかなりません。

他のタンパク質は、筋肉の構成材料になりますし、脂質は、エネルギー源になるだけでなく、代謝に必要なホルモンをつくる材料にもなります。

しかし、糖質は、エネルギー源にしかならず、体内で余った糖質は、脂肪になってしまいます。

だから、糖質は出来る限り控えたい方が良いです。

(ただ、起床直後やトレーニング前など、エネルギーが必要なときは糖質を摂取しても大丈夫です。)

また、少し話がズレますが、糖質を摂取したときに脂肪になりやすい食べ合わせというものがありますので、ご紹介します。

これを知っておけば、もし糖質を摂取する場合でも脂肪になりやすい食べ合わせを避けることができると思いますので、豆知識程度に覚えていただければと思います。

それでは、ご紹介しますね。

それは、、、

「糖質×脂質」になります。

具体的にはカレー、パスタ、オムライスなどです。

これらの食事は人気かもしれませんが、肥満になりやすくなってしまいますので、注意しましょう。

さて、話を戻して、最後にまとめますね。

今日は三大栄養素についてお話しました。

三大栄養素とは、、、

・炭水化物(糖質)
・タンパク質
・脂質

これらの主な役割は、、、

【糖質】
エネルギーを作る。

【タンパク質】
筋肉、皮膚、髪、内臓、血液、骨など体の構成要素になる。

【脂質】
代謝に必要な各種ホルモンの材料になる。

この栄養素については既に知ってたかもしれませんが、大切なことですので覚えていだだければと思います。

それでは。

-町田裕希

 

2アンケート