ダイエットに効果的な半身浴

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
気になるぽっこりお腹3つの原因と今日から始める4つの改善法まとめ

From:森雅之

こんにちは。

森雅之です。

今日は最近話題になっている「半身浴ダイエット」についてお伝えしたいと思います。

半身浴は体を芯から温めることで、体の血行を良くし、基礎代謝を上げることができます。

基礎代謝が上がれば、一日に消費するカロリーが増えて、「痩せやすい体」を作ることができるのです。

また、半身浴で汗をかくことで老廃物や毒素を体の外に排出できる「デトックス効果」が生まれます。

さらに体が温まって血行が良くなることで指先・足先に血液が届くようになるため、「冷え性の解消」にも効果があるのです。

半身浴ダイエットは手軽にできるダイエットとして人気があるので、あなたも実際にやってみたことがあるかもしれません。

ただ、手軽にできる反面、ポイントを守らないとダイエット効果どころか、体調を崩す可能性もあるので、注意が必要です。

今日はそんな半身浴ダイエットを実践するための具体的な方法と、注意点についてお伝えするので、最後まで読むようにしてくださいね。

それでは早速、始めていきましょう。

1.温度は38~40℃

半身浴はぬるめのお湯で行うのがポイントです。

たくさん汗を出そうとして、お湯の温度を高くしてしまいがちですが、温度が高いと体への負荷が大きくなり、長い時間入っていることができなくなってしまいます。

なので、お湯の温度は38~40℃にしましょう。

2.お湯の量の目安は「みぞおち」あたり

半身浴をしようとして悩むのがお湯の量ですよね。

肩まで浸かってしまうと、心臓を圧迫してしまい負担になってしまうので、「みぞおち」のあたりを基準にするといいでしょう。

それより少ないと、今度は体が温まりにくくなってしまうので注意が必要です。

3.時間は20分以上

半身浴でダイエットをするためには20分以上お湯に浸かる必要があるといわれています。

20分以上お湯に浸かることで全身が温まり、じんわりと汗が出てくるので、血行が良くなって基礎代謝を上げることができます。

ただし、入浴しすぎてしまうと、のぼせてしまう可能性がありますので、半身浴を行うのは長くても1時間ほどにしましょう。

 

このように、半身浴は手軽にできるダイエットではありますが、以下のことに注意も必要です。

<水分補給をしっかりと行う>

半身浴を行うと汗が出やすくなるため、体内の水分が少なくなってしまいます。

脱水症状にならないためにも、入浴前・入浴中・入浴後にしっかりと水分補給をしましょう。

入浴中はコップやペットボトルに水を入れてお風呂に持ち込むといいですね。

<アルコールを飲んだ直後は行わない>

アルコールを飲んだ直後は血圧が安定しないため、動悸やめまいなどを起こしやすくなります。

血行が良くなることで、アルコールが全身に回るため、酔いがひどくなったり気を失ってしまう恐れもあるので、完全にお酒が抜けるまで半身浴は行わないでくださいね。

<食後すぐには行わない>

食事をした直後に半身浴を行うと、胃や腸に負担がかかり、食べたものを消化しにくくなってしまいます。

半身浴を行うのは、食後から少なくとも30分から1時間程度経ってからにしましょう。

 

今日は日々の生活の中で取り入れやすい半身浴ダイエットについてお伝えしました。

僕自身、半身浴ダイエットを試したことがありますが、スマホをいじったりマンガを読んだりしながらやっていたので、かなり楽にできました。

ただ、スマホやマンガに集中しすぎて時間を忘れてしまいそうになったので、半身浴中の時間つぶしに夢中になってしまいそうな場合はタイマーを使うといいかもしれませんね。

半身浴ダイエットは痩せやすい体を作ることができるだけではなく、デトックス効果や冷え性の解消にも効果があります。

お風呂に入って汗をかくことで気分もすっきりできますので、ぜひ試してみてはいかかでしょうか。

それでは、これからもダイエットメルマガを宜しくお願いします。

-森雅之

 

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部

247ダイエッター編集部

私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。