シャワーだけでダイエットの効率アップ?

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:森雅之

 

こんにちは。

 

森です。

 

あなたは疲れていて、

お風呂に入るのも面倒くさいと思うことはありませんか?

 

僕はけっこうあります。

 

もちろん、最終的には入るのですが、疲れて帰るとあまり動きたくなくて、お風呂に入るのがずるずると遅くなってしまいます。

 

湯船につかって全身を温めると、

血液循環がスムーズになって新陳代謝を上げることができます。

 

なので、本当は湯船にゆっくり浸かるのがいいのですが…

 

なかなか遅い時間にお風呂を沸かして湯船に浸かるのは大変ですよね。

 

僕のように一人暮らしの場合は、そもそも湯船にほとんど入らないということもあるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、

湯船に入らなくてもできる

 

「シャワーだけでダイエットの効率を上げるコツ」

 

についてお伝えしたいと思います。

 

1.首元を温める

 

左右の首筋に交互にシャワーを当てることで、自律神経が活性化します。

 

交感神経が活性化すると、血行が促進されて代謝を高めることができます。

 

代謝が高くなると、脂肪が燃えやすくなり、痩せやすくなるのです。

 

やり方はシンプルで、片方の首筋に1分ずつシャワーを当てるというのを数回繰り返すだけです。

 

お湯の温度は熱すぎない40度くらいが理想です。

 

2.シャワーをしながら足湯

 

足は第二の心臓とも呼ばれるほど、多くの神経が集中しています。

 

足を温めることで全身の血行が促進されて、溜まった老廃物や余分な水分などが排出されやすくなります。

 

やり方としては、桶や洗面器などにお湯を溜めて、そこに足を入れながらシャワーを浴びます。

 

小さい桶だと転びやすいので、十分に注意しながらやるか、大きめのものを買いましょう。

 

浴槽がある人は、栓をした浴槽の中でシャワーを浴びることで、足元にお湯が溜まって足湯ができるので一石二鳥です。

 

3.温冷シャワーを交互に浴びる

 

温かいシャワーと、ぬるめのシャワーを交互に浴びて温度差をつけることで、さらに自律神経を刺激することができます。

 

自律神経が刺激されると、血行が促進されて新陳代謝の向上につながります。

 

温度は温かいシャワーは40度くらい、ぬるめのシャワーは35度くらいにするのがオススメです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

忙しかったり、疲れていたりすると、なかなか本格的なダイエットに取り組むのは難しいですよね。

 

ですが、シャワーで首元を温めたり、シャワー中に足湯をするのは比較的簡単にできるかと思います。

 

自分にできることの中で工夫することで、少しでも痩せられるように頑張りましょう。

 

それではまた。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

-森雅之

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。
  • さらに、痩せなかったら全額返金保証します。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部

247ダイエッター編集部

私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。