食事の代わりにプロテインっていいの?

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:森雅之

 

こんにちは。

 

森です。

 

突然ですが、

食事のメニューを考えるのって面倒くさくありませんか?

 

特に糖質コントロール中だと

糖質やタンパク質の量まで考えなければいけないので大変ですよね。

 

そんなとき、

ついやりたくなってしまうのが

「プロテインの置き換えダイエット」です。

 

プロテインの置き換えダイエットとは、

「1日の3食のうち1食をプロテインに置き換える」

ことです。

 

プロテインは糖質量が低く、タンパク質を多く摂れます。

 

メニューを考える必要もなく、ただ飲むだけでいいので、

この「置き換えダイエット」をしている人は多いといわれています。

 

しかし、僕たちは

「プロテインの置き換えダイエット」をオススメしていません。

 

今回はその理由についてお伝えしていきます。

 

 

1.空腹を感じやすくなるから

 

プロテインを飲むだけの食事では、どうしても満腹感を得にくいです。

 

空腹を感じているとストレスを感じやすくなります。

 

ストレスは、血糖値が上がりやすくなる「コルチゾール」というホルモンの分泌を促します。

 

血糖値が上がるとインスリンが過剰に分泌され、各細胞にエネルギー源として糖を送り込みます。

 

細胞に糖が行き渡ってもまだ糖が残っている場合、残った糖が脂肪細胞に送られるため、結果として脂肪が溜まり、太りやすくなってしまうのです。

 

 

2.タンパク質の摂り過ぎになりやすいから

 

タンパク質を過剰に摂取すると、腎臓や肝臓に負担がかかると言われています。

 

余分に摂取したタンパク質は、分解されて窒素になるのですが、窒素を体外に排出するために肝臓・腎臓の働きが必要になります。

 

つまり、タンパク質を過剰に摂取することは肝臓と腎臓の負担につながるのです。

 

1杯だけで済ませられれば問題ないですが、1度にプロテイン2~3杯も飲んでしまうと過剰摂取になってしまいます。

 

 

3.栄養バランスが崩れやすいから

 

確かにプロテインは糖質が低く、タンパク質を豊富に含んでいます。

 

しかし、ビタミンB1・B2といったビタミンや、鉄・亜鉛などのミネラルなど、一部の栄養素が足りていません。

 

摂ると太ると思われがちの脂質も、まったく摂らないと体にビタミンを回すことができず、便秘の原因にもなってしまうので、ある程度は摂取する必要があります。

(1日の脂質摂取量の目安:体重×1~1.5g ※体重60kgの人の場合は60~90g)

 

「他の食事で補えばいいや」と思う場合もあるかもしれませんが、タンパク質などの過剰摂取を抑えつつ、これらの栄養素を十分に摂ることは非常に難しいです。

 

結果的に栄養が偏ってしまい、体調を崩してしまう可能性があるのです。

 

毎日、糖質を意識しながら食事のメニューを考えるのは大変ですよね。

 

だからといってプロテインを食事代わりにすると、

 

・空腹でストレスを感じやすくなったり、

 

・タンパク質の過剰摂取につながったり、

 

・栄養バランスが崩れやすくなったり、

 

してしまいます。

 

 

トレーナーなど、専門的な知識がある方の緻密なフォローがある場合は別ですが、そうでない場合はプロテインの置き換えダイエットは控えた方がいいですね。

 

ちょっと面倒かもしれませんが、毎日の食事はバランスのいいものを心がけましょう。

 

プロテインはトレーニングの前後の栄養補給や、食事で足りないタンパク質を補給する間食として飲むようにしてくださいね。

 

それではまた。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

-森雅之

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。
  • さらに、痩せなかったら全額返金保証します。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部

247ダイエッター編集部

私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。