ダイエットにオススメのスポーツは?

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:森雅之

 

こんにちは。

 

森です。

 

夏といえば、暑い中で部活を頑張る学生たちが印象的ですよね。

 

サウナのような環境の中、一生懸命動き回っている姿にはいつも感心させられます。

 

僕も学生時代には同じようにやっていましたが、

今となってはもう厳しいですね(笑)

 

学生ほど動き回るのは難しいですが、ダイエットにはやっぱり運動が効果的です。

 

すでに24/7ワークアウトに通っていたり、なにかのスポーツをやっている場合もあると思います。

 

ですが、運動は辛いというイメージがあって、それを想像するだけでやる気がなくなってしまうという場合もあるのではないでしょうか?

 

そんなあなたに今回オススメしたいのが、

 

「バドミントン」です。

 

一人ではできないという難点はありますが、バドミントンは運動量が多くプロ野球選手なども自主トレーニングで利用しているスポーツです。

 

テニスに比べてラケットが軽く、シャトルを打つときの衝撃も少ないので、力の弱い人でもやりやすいのが特徴です。

 

ダイエットで始めた運動というのはなかなか長続きしないことが多いです。

 

ランニングなどは、淡々と同じ動作を続けるので、ある程度の忍耐が必要となってきます。

 

それに比べてバドミントンは楽しみながら運動量を増やせるので、単純作業が苦手な人に特にオススメしたいスポーツです。

 

では、実際にバドミントンをやるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

方法を3つご紹介します。

 

 

1.おもちゃのバドミントンセットを買って公園でやる

 

これが一番現実的ですね。

 

安いものなら1,000円もかからずに道具を揃えることができます。

 

僕が住んでいる地域のちょっと大きめの公園では、バドミントンをやっている人をけっこう見かけます。

 

他の球技と違って、打ったシャトルが遠くに行ってしまうこともないですし、周りの人にケガをさせる心配も少ないです。

 

ただ、バドミントンは本来、室内で行うスポーツなので、シャトルが風に流されて打ちにくいというデメリットもあります。

 

動きに翻弄されて運動量が増えるというメリットもありますが、「ちゃんとバドミントンをしたい!」という人にはあまり向かないかもしれませんね。

 

 

2.ラウンド・ワンを利用する

 

ラウンド・ワンという複合エンターテインメント施設に「スポッチャ」というものがあります。

 

そのスポッチャにバドミントンをやるスペースがあることがあります。

 

料金は割引条件や遊ぶ時間などで変わってきますが、1人1,500~3,000円くらいです。

 

用具が用意されていて、手ぶらで始められるのが一番のメリットです。

 

ですが、時間交代制となっていて、混み具合によっては思う存分楽しめない可能性があります。

 

また、ラウンド・ワンがある場所は限られていて、ラウンド・ワンがあってもバドミントンのスペースがないこともあります。

 

なので、行きやすい場所にバドミントンスペース付きのラウンド・ワンがある場合以外は難しいかもしれません。

 

 

3.本格的にバドミントンを始める

 

趣味としてバドミントンを始めようと決めた場合には、近くの体育館を探してみましょう。

 

一般向けに開放されているようであれば、誰でも利用することができます。

 

料金は体育館にもよりますが、数百円程度です。

 

さらに本格的にやりたい場合は、スクールやバドミントンチームを探すのがいいですね。

 

本気で試合をやる目的のチームもありますが、初心者も受け入れているところもありますので、色々探してみましょう。

 

スクールであれば、イチからしっかりと教えてくれるので、「どうせやるならうまくなりたい」と思う場合はスクールに通うのがいいですね。

 

ただ、本格的に始めるとなると、やはり道具を用意する必要があります。

 

ラケットは高いものだと数万円したりしますが、安いものなら3,000円くらいで買えます。

 

シャトルは水鳥の羽を使ったものとナイロン製のものがあり、1個100円前後です。

 

初心者の場合は羽製のシャトルを使うと壊してしまう可能性が高いので、ナイロン製を選んだほうがいいと思います。

 

 

バドミントンは短時間で運動量をかせげるので、ダイエットにオススメのスポーツです。

 

実は僕の母が高校時代からずっとバドミントンをやっていて、60歳を越えてもバリバリやっていました。

 

運動量が多いわりには歳を重ねてもできるスポーツということで、今回ご紹介させていただいたのです。

 

 

僕も趣味程度でたまにやっていますが、本当に楽しみながらできるので、運動が辛いと感じでいる場合は試してみてはいかがでしょうか。

 

と、オススメはさせていただきましたが、これはあくまでどうしても運動ができない場合の話です。

 

もし、本格的に痩せたいのであれば、僕たちがいつもお伝えしている「1日の糖質摂取量のコントロール」と「週2回の筋トレ」をして効率的にダイエットをしましょう。

 

バドミントンと違って一人でもできるので、結局こちらのほうがやりやすい場合も多いかもしれないですね(笑)。

 

それではまた。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

-森雅之

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)