ダイエット中の空腹時にしてはいけない3つのこと

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:森雅之

 

こんにちは。

 

森です。

 

先日、家の近くの公園を歩いていたら、たくさんのセミが鳴いていました。

 

夏なんだから当たり前なのですが、虫が嫌いな僕としては、恐怖でしかありません。

 

以前、羽ばたいたセミが頭にぶつかったことがあり、そのときにはみっともなく「ぎゃあ」と叫んでしまいました。

 

それ以来、僕の中で「夏は木に近づいてはいけない」という法則ができました。

 

もう二度とあの恐怖を味わいたくないですからね。

 

さて、ダイエット中には

空腹感を覚えることが多くなると思いますが、

空腹時にしてはいけないことがあるのを知っていますか?

 

「ドカ食いはダメ」というのはなんとなく分かると思いますが、空腹時に意外とやりがちだけど、してはいけないことがあるんです。

 

ということで今回は、

「空腹時にしてはいけない3つのこと」

についてお伝えしたいと思います。

 

1.我慢する

 

空腹時間が長くなれば長くなるほど、次の食事の栄養吸収が激しくなってしまいます。

 

また、空腹が続くとストレスが溜まり、ストレスが溜まると食べ過ぎにつながるので、我慢はダイエットに禁物です。

 

我慢の方法として、寝ようとしたり、別のことをして空腹を紛らわせようとすることもあるかと思います。

 

ですが、空腹時間が長くなってしまうだけで、むしろ逆効果になってしまうので注意が必要です。

 

2.炭水化物(糖質)を摂取する

 

基本的に糖質コントロール中には炭水化物(糖質)はあまり食べないと思いますが、空腹時には特にNGです。

 

空腹時に炭水化物(糖質)を摂ると、血糖値が急上昇して、この血糖値の急上昇が脂肪増加の原因となるからです。

 

なので、空腹時は炭水化物(糖質)は摂らないようにしましょう。

 

3.筋トレをする

 

「たくさん食べる予定があるので、先に筋トレをしておこう」と思う場合もあるかと思いますが、空腹時に筋トレを行っても意味はありません。

 

空腹時は思うように力が出ず、筋トレ効率が悪くなり、筋分解だけが進んでしまうからです。

 

筋トレで筋肉をつけること自体は基礎代謝の増加につながるのでいいことですが、効率が悪いので空腹時の筋トレは控えましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

糖質コントロール中は「食べてはいけない」と思って、空腹を我慢してしまう場合もあるかもしれません。

 

でも、糖質コントロール中には、空腹で我慢することはむしろ避けたいことです。

 

もし、お腹が空いたら、適度に間食を摂りましょう。

 

オススメの間食はこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

糖質制限ダイエット中にも食べられる低糖質おやつ47選

 

ダイエット=食べずに我慢するもの、と思っていると、空腹感に悩まされることが多いかもしれません。

 

ですが、僕たちが推奨している糖質コントロールダイエットでは、3食しっかり食べて健康的に痩せることができます。

 

食べていいもの、避けたいものを把握して、上手にダイエットを成功させましょう。

 

糖質コントロール中には空腹がつきものですが、うまく乗り切ってダイエットを成功させましょう。

 

それではまた。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

-森雅之

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)