大食いの人たちってどれくらい糖質を摂ってるの?

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:森雅之

 

こんにちは。

 

森です。

 

先日、久しぶりに「帰れま10」という番組を見ました。

 

「帰れま10」はテレビ朝日系列のバラエティ番組です。

 

お笑い芸人のタカアンドトシがゲストと一緒に飲食店の全メニューの中から人気メニューの1位~10位までを予想しながら、食べ切るというものです。

 

注文したものをすべて食べなければならない上、ベスト10を当てるまで帰ることができないという出演者にとっては過酷な番組です。

 

当然、簡単にベスト10を当てることができないので、出演者は料理をたくさん食べる羽目になります。

 

番組を見ながら僕は思いました。

 

「みんな太るだろうなあ…」

 

思えば大食い選手権に参加している人たちも、普通に考えれば太る量の食事を摂っています。

 

一体、あの人たちはどれほどの糖質を摂取しているのでしょうか。

 

今回は大食い選手の糖質摂取量を調べてみました。

 

1.お寿司100皿

 

大食い選手権といえば、僕は真っ先に回転寿司を思い浮かべました。

 

レーンで流れてくるお寿司を次々口に運んでいく大食い選手の姿が印象的です。

 

お寿司のネタ(乗っている切り身)はどれも糖質が低いので、どのネタを選んでも糖質はほとんど同じです。

 

お寿司の糖質はほぼご飯によるもので、1貫(1個)あたりの糖質量は約8gとなります。

 

1皿には2貫(2個)乗っているのが一般的なので、1皿あたりの糖質量は約16gですね。

 

なので、これを100皿食べると、その糖質量は約1,600gにもなるんです。

 

「カロリー」ではなく、「糖質」が約1,600gです。

 

普通に考えて、ものすごい量ですよね。

 

2.ホットドッグ早食い

 

ホットドッグといえば、アメリカで毎年行われているネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権が有名です。

 

小林尊(こばやしたける)さんという日本人の方が6連覇をしたことでニュースにもなりましたね。

 

このホットドッグ早食いですが、2018年7月に行われた大会で、ジョーイ・チェスナットさんという方が「ホットドッグを10分間に74個食べる」という世界記録を樹立しました。

 

パンとフランクフルトだけのシンプルなホットドッグ1個あたりの糖質量は約35gです。

 

これを74個ということは、その糖質量の合計は約2,590gにも及びます。

 

わずか10分間でこれほどの糖質を摂取をするなんてヤバイですね。

 

時間制限がなければもっと食べれたかと思うと恐ろしいです。

 

3.わんこ蕎麦

 

一般人でも挑戦しやすい大食いといえば、わんこ蕎麦ではないでしょうか。

 

わんこ蕎麦は、岩手県の名物として知られるお蕎麦です。

 

1口大のお蕎麦をお椀の中に入れて食べ、食べ終わるとすぐに給仕の人が次のお蕎麦を入れます。

 

それをお客さんが蓋を閉めてお腹いっぱいをアピールするまで続けるというものです。

 

わんこ蕎麦の大食いは多くの大食い選手が挑戦していますが、公式大会である全日本わんこ蕎麦選手権の記録は中嶋博文さんの559杯とのことです。

 

全日本わんこ蕎麦選手権で規定されているわんこ蕎麦1杯の量は15gです。

 

わんこ蕎麦15gの糖質量は3.6gなので559杯だと、2,012.4gになります。

 

少なく見えるわんこ蕎麦でも、大量に食べるとここまで糖質量が多くなるんですね。

 

いかがでしたでしょうか。

 

大食い選手は1回の戦いで、1,000~3,000gくらいの糖質を摂取していることになります。

 

僕たちが推奨している1日の糖質摂取量の目安は「体重(kg)×1g(※体重60kgの人なら60g)」なので、いかにこの糖質量がとんでもないか分かっていただけると思います。

 

大食い選手が太らない理由は、食べた後にすぐ出しているとか、胃下垂だからとか、色々な説がありますが、正確には分かっていません。

 

ただひとつ言えるのが、あの人たちは極めて特殊だということです。

 

普通の体を持つ僕たちは大食い選手ほど食べると確実に太ってしまうので、しっかりと1日の糖質摂取量を守るようにしてくださいね。

 

それではまた。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

-森雅之

 

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)