生理で太るのはブスホルモンが原因だった!?

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:中嶋栞里

 

こんにちは。

 

中嶋(なかしま)です。

 

先日友達と話しているときどうしてもダイエットが続かない嘆いていました。

 

詳しく聞いてみたところ、生理がくるたび辞めてしまうそうです。

 

これには私もとても共感しました。

 

私も生理の時にはどうしても甘いものが食べたくなったり

不快感があって運動する気分にならないという経験があるからです。

 

ということで今日は女性向けの話題になりますが、

「普段通りのダイエットはできなくてもこれだけは守ってほしい!」

というポイントをご紹介します。

 

これは男性にはあまりなじみのない話かもしれません。

 

しかし、あなたが女性で、同じように悩んだことがあるのならぜひ続きを読んでみてください!

 

それでは早速、生理前・生理中・生理後に分けて説明します。

 

<生理前>

 

生理前にはプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されます。

 

これにより体が余分な脂肪や水分をためこみ、痩せにくくなっているんです。

 

生理前に食欲が増したり、イライラしたり、便秘になるのも

このホルモンの分泌によるものなんです。

 

このためプロゲステロンを「ブスホルモン」と呼ぶ人もいるそうです。

 

このブスホルモンの分泌にうまく対応するポイントを2つ紹介します。

 

1、暴飲暴食をしない

既に説明した通り、この時期は一般的に食欲が増します。

 

私もこの時期には「自分の胃袋は無限に入るのでは…」と思ってしまいます(笑)

 

そんなときに摂ってほしい成分とその成分を多く含む食品がこちらです。

 

・イソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンの乱れをととのえる働きがあります。

 

このため食欲を抑えてくれる効果があります。

 

【イソフラボンを多く含む食品】

 豆乳

 納豆

 豆腐  など

 

・トリプトファン

この成分は「精神の安定」や「食欲抑制」の効果があるホルモンを分泌するための材料になります。

 

食欲を抑えるだけでなく、イライラを抑える効果があります。

 

【トリプトファンを多く含む食品】

 チーズなどの乳製品

 バナナ

 マグロなどの魚介類  など

 

2、軽めの運動をする

生理前は「ためこむ」時期です。

 

運動をすることで血流を良くし、便秘やむくみを解消しましょう。

 

とはいっても、この時期は体調が優れないことも多いのではないでしょうか。

 

「運動したくないな~」と思うこともあるかもしれません。

 

そんなときには無理にトレーニングをせず体調に合わせて軽めのメニューにしましょう。

 

・ウォーキング

・ストレッチ

 

など汗をかかない程度の運動がオススメです。

 

<生理中>

 

生理が始まるとプロゲステロン(ブスホルモン)の分泌がなくなります。

 

このため生理開始時点では体温が低下したり、気分が憂鬱になったりします。

 

この時期に気を付けてほしいポイントを2つ紹介します!

 

1、体を温める

生理が始まると、体温を上げる効果のある

プロゲステロン(ブスホルモン)の分泌がなくなります。

 

このため体温が下がり、代謝量が落ちてしまいます。

 

・湯船につかる

・暖かい飲み物を飲む

 

などをしながら体を冷やさないように気を付けましょう。

 

2、激しい運動をしない

生理中には貧血や脱水症状になりやすくなっています。

 

激しい運動は控えましょう。

 

ただし軽い運動はむしろしたほうが良いです。

 

血流を良くし、生理前にたまった老廃物を排出してくれます。

 

水分補給に気を付けて行いましょう。

 

たとえば、生理がつらい1~3日目はトレーニングは休み、

終わりが近づいてきたら室内で行えるストレッチをするなど

自分なりに調整してみてください。

 

<生理後>

生理後にはエストロゲンというホルモンが分泌されます。

 

これにより、ダイエット効果が出やすくなったり、

髪や肌の調子が良くなったり、前向きな気分になったりします。

 

このため、エストロゲンは「美人ホルモン」ともよばれています。

 

美人ホルモンをうまく活用するポイントは1つです!

 

1、生理後7~10日間は集中的にダイエット

生理後7~10日間はエストロゲン(美人ホルモン)の効果が最も出やすい期間です。

 

生理中に中断していたトレーニングや食事制限を再開しましょう!

 

少々長くなってしまいましたが、ここまで生理のときのダイエットについて紹介してきました。

 

大切なのは

 

・生理前~生理中は無理をしない範囲でダイエットを継続

・生理後にしっかりダイエットを再開

 

この2つです。

 

これを意識しながら、うまく生理と付き合っていきましょう。

 

それでは。

 

-中嶋栞里

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。