糖質制限中飲める飲み物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:岡田 瑞季

 

こんにちは。
24/7ダイエットナビゲーターの岡田 瑞季です。

最近とても寒いですよね。
体調はいかがでしょうか?

寒い時期といえば、
暖かいココアやミルクティなど
ついつい飲みたくなってしまいますよね。

そこで、今回のメルマガでは
“糖質制限中に飲める飲み物”
を紹介したいと思います。

まずは、糖質制限中に飲める飲み物の選び方のコツ
伝授したいと思います。

そのあと、絶対に避けたほうがいい飲み物を、
そして飲んでも大丈夫な飲み物
具体的に紹介していきますね。

■選び方のコツ

1.糖類0系の飲み物を選ぶ

 

パッケージにも大きく書いてある商品が多いので

1番選びやすいと思います。

しかし、これには注意が必要です。

例えば、糖質ゼロや無は完全にゼロでなくても
食品100gあたり0.5g未満であれば
表示ができてしまいます。

なので、いくら糖質ゼロだからと言って、
がぶがぶ飲むことは避けましょう。

また、“砂糖不使用”の表示には
特に注意が必要です。

これは、確かに砂糖は使用していないかもしれませんが、
原材料に糖質が含まれている可能性があります。

しっかりと、糖質ゼロや無のものを選ぶようにしましょう。

また、どういう種類の糖質が低い
と知ることも、糖質が低い飲み物を選ぶ基準になります。

後ほど、飲んでも大丈夫な飲み物で確認したいと思います。

■糖質制限中絶対に避けたい飲み物

基本的に“ジュース”とつくものは
避けるべき
です。

また、乳製品も比較的糖質が高めなので
避けなければなりません。

糖質をご覧ください。(100mlあたり)
リンゴジュース 10g
ぶどうジュース 5.8g
オレンジジュース 4.3g
コカ・コーラ 11.4
サイダー 10.2g
野菜ジュース 7.3g
牛乳 4.5g
コーヒー牛乳 7.2g
調整豆乳 4.5g
ミルクココア 74.9g
ミルクティ 7.6g
カルピスウォーター 11.1g

特に注意したいのが“野菜ジュース”です。

もしかしたら、このメルマガを読んでいる方の中には
糖質制限で不足しがちな
ビタミンやミネラルなどの栄養素を補うために
野菜ジュースをお飲みになっている方がいるかもしれません。

しかし、野菜ジュースはとても糖質が高いうえ
栄養素が壊れてしまっていることもあるので
あまりおススメできません。

なるべく、野菜を直接食べることをおススメします。

どうしても飲む必要がある場合は、
野菜ジュースの中でも
トマトジュースが比較的糖質が低め
です。

■飲んでもいい飲み物

糖質が低い飲み物の種類知ることはとても大切です。
では、糖質が低い飲み物を紹介します。

(100mlあたり)

水 0g
緑茶 0g
玄米茶 0g
抹茶 0g
紅茶(無糖) 0.1g
ウーロン茶 0.1g
ほうじ茶 0.1g
麦茶 0.3g
コーヒー 0.7g

基本的に、お茶系全般は飲んでいただいて問題ありません

また、紅茶やコーヒーを飲む際も
ストレートを選んでくださいね。

砂糖は1g=1gの糖質になります。
乳製品も糖質が高いので、
避けてあげる必要があります。

先ほども言いましたが、
ジュースの中には
例えば、コカ・コーラゼロ、アクエリアス・ゼロといったように
“糖質ゼロ”のものがあります。

これらは比較的糖質は低いので
お飲みいただいても問題ありません。

うれしいことに、
甘いものが飲みたくなった場合は、
“糖質ゼロ”の飲み物を選べば、
ダイエット中でも安心ですよね。

また、“からだすこやか茶”のような
“トクホ(特定保健用食品)”に指定されている飲み物の中には
糖質の吸収を抑えてくれるものがある
ので
こちらもおススメです。

いかがでしたでしょうか。
飲み物は、意外と糖質制限ダイエットの
盲点となりやすいですよね。

どんな種類の飲み物の糖質が低いのか、そして高いのか
を知ることで、
どのような飲み物を選べばよいのか
の基準になります。

参考にしてみてくださいね。

最後までお読み下さり、
ありがとうございました!

-岡田 瑞季

2アンケート