おせち料理の糖質、忘れてないですか?

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:岡田瑞季

こんにちは。

24/7ダイエットナビゲーターの岡田瑞季です。

 

2017年も残り数日になりました。

あなたはどのような1年でしたか?

 

もういくつ寝るとお正月~?

ということで、今回のメルマガでは、おせち料理の糖質を紹介したいと思います。

 

おせち料理、本当においしいですよね。

 

しかし、おいしいがために、“お正月太り”という言葉があるよう、ついつい食べ過ぎてしまうことがありますよね。

 

わたしも毎年お正月が終わった後ほど、体重計が怖いことはありません。

 

「お正月だから、少しくらい食べてもいいかな?」

そんな少しの油断が、普段のボディメイクの努力を無駄にしてしまっているかもしれません…

 

そうならないためにも、お正月でも“糖質制限”を忘れないでくださいね。

 

調理方法や使う食材によって、多少糖質の量は前後するかもしれませんが、“何の糖質が多いのか”ということを知っているかいないかでは、結果は違ってくると思います。

 

なので、参考程度にご覧くだされば、うれしいです。

 

それでは順番に、代表的なおせち料理の糖質を紹介していきたいと思います。

 

 

■祝い肴

・黒豆(100g、乾燥):30.7g

黒豆は糖質制限においてNG食材です。

この30.7gというのは黒豆が乾燥している状態です。

調理をすれば、水分を含むので100g当たりの糖質は減ります。

しかし、“黒豆煮”になりますと、お砂糖をたくさん使用しますよね。

なので、黒豆はかなり糖質が高く、要注意の食材です。

 

・数の子(1本約10g当たり):0.06g

魚卵に限らず、卵類は一般的に高タンパク低糖質の食材として知られています。

もちろん数の子も、とても低糖質なので、

糖質を気にせずにお召し上がりください。

 

・田作り(100g):38.2g

田作りに使用されている、カタクチイワシは100g当たり0.3gと低糖質ですが、

こちらも調理の際に砂糖などを使用するため、

どうしても糖質が高めになってしまします。

食べるとしても、1口など少なめにしたいですね。

 

 

■口取り

・紅白かまぼこ(100g):9.7g

かまぼこは、魚を使っているので、糖質が低いような感じがしますが、

実は糖質が高いので注意が必要です。

 

・伊達巻(100g):17.6g

伊達巻も糖質が高いです。要注意です。

 

・栗きんとん(100g):35.3g

こちらも砂糖を使用しているほか、

サツマイモなど糖質の多いものを多数使用していますので、控えたいですね。

 

・昆布巻き(3㎝程度1個):2.9g

昆布は100g当たりの素干しで、29.9gと、そもそも糖質が高い食材です。

さらに調理の際に砂糖を使用するので、

かなり糖質が高めです。要注意です。

 

 

■酢の物

・紅白なます(100g):9.4g

大根の糖質は低いですが、人参の糖質がすこし高めであるのと、

調理で砂糖を使用するので、すこし高めの糖質となっています。

 

 

■煮物

・煮しめ(筑前煮)(100g):9.3g

野菜類や肉類を中心にしているため、低糖質のような気がしますが、

調理で砂糖を使用しています。

特にれんこん、里芋が高糖質なので要注意です。

 

・ごぼうの煮しめ(100g):9.7g

一見ヘルシーそうなごぼうですが、実はそもそもかなりの糖質が高めで、

糖質制限には向かない食材です。

 

 

■箸休め

・菊花カブ(100g):11.6g

カブ自体は糖質が低めで、糖質制限向けの食材ですが、

味付けで砂糖を使用するため

やはり糖質が高めになってしまっています。

 

・錦卵(1/4本):16.2g

こちらも、卵自体は1個当たり0.3g

糖質が低めですが、

砂糖を使用して味付けをするので、かなり糖質が高いです。

 

 

■お魚料理

・こはだ(甘酢漬)(100g):19.1g

こちらも、お砂糖を使用しているため、糖質が高いです。

 

・鯛(焼き)(100g):0.1g

鯛は本当に糖質が少ないので、積極的にお召し上がりください。

これは、めでたいですね。

 

・ブリ(照り焼き)(100g):14.6g

ブリ自体は糖質が0.3gと非常に少ないですが、

照り焼きには砂糖やみりんといった糖質量の高い調味料が

多いので、おススメできません。

 

 

■お肉料理

・ローストビーフ(100g):0.9g

ローストビーフも糖質制限の味方です。

ぜひ、沢山食べてくださいね。

 

・ハム(ロース)(100g):1.3g

ハムは、お肉を塩漬けして作られた加工品のため、

低糖質で知られています。

糖質制限向けなのでご安心してお召し上がりいただけます。

 

 

■鏡餅・茶碗蒸し

・餅(切り餅1個50g):25.2g

ご想像通り、お米から作られていますので、

高糖質となっています。

お餅は避けていただきたいです。

 

・茶碗蒸し(1個230g):5.0g

使用している食材が、卵、出し、鶏肉、三つ葉、海老などすべて低糖質なものなので、茶碗蒸し自体も低糖質となっています。

 

 

 

以上になります。いかがでしたでしょうか。

 

おせち料理は、味付けで“砂糖”を使用しているものが多く、そうするとどうしても糖質が高くなってしまします。

 

 

しかし、おせちを作る際に、高い糖質を含むものを低い糖質の食材に変えたり、味付けの砂糖やみりんなどを少なめにするなど、低糖質なおせちにする工夫もできます。

 

また、最近では、低糖質のおせちなども売っていますので、そのようなものを選んでもよいですね。

 

あなたのお正月が楽しく、おいしく食べて、ボディメイクをできることを願っております。

 

2018年も素敵な年になりますように。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

 

 

P.S.

ぜんぜん食べられないじゃん・・・と思ったかもしれません。

 

せっかくのお正月だし、好きなものを食べたいという気持ちはもちろんあると思います。

 

なので、仮に食べてしまったとしても

 

・暴飲暴食には注意する

・スクワット10回でも良いので筋トレする

 

など、ボディメイクのことを少しでも頭に入れておいてくださいね。

 

-岡田瑞季

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。