ストレスや食事制限のない楽に痩せられるダイエット法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:佐々木雅翔

 

こんにちは、
24/7ダイエットナビゲーターの佐々木です。

もし、あなたが、

・食事制限などの無理をしてもダイエット効果がでない
・ダイエットをこれから始めるがどの方法にしようか迷う
・リバウンドをしてしまった

などで悩んでいる場合は、

「食べ順爆発ダイエット」

を是非参考にしていただきたいです!

食べ順爆発ダイエットとは、

1、食事の食べる順番を制限する「食べ物」
2、定期的に炭水化物をたくさん摂取する「爆発」

といった、二つの手順からなるダイエットです。

というより、2つの効果的なダイエットを組み合わせた手法といった感じです。

それでは、1つ目から順番に見ていきましょう。

 


・食べる順番

食べる順番は、
1、食物繊維、発酵食品
2、たんぱく質
3、炭水化物

で、一品を完食してから次の食品に移ります。

なぜこの順番なのかというと、

サラダ等、食物繊維を最初に完食することで、後から食べる炭水化物を食べたときの血糖値上昇を抑えることができるからだと言われています。

血糖値が上がると、摂取した糖が体に蓄えられやすくなってしまうのです。

また、インスリンの分泌により、高血糖の反動で逆に低血糖になり、脳がご飯を食べないといけないと錯覚すると言われています。

 

よって、血糖値の上昇を抑える理由としては、

・摂取した炭水化物を脂肪に変えにくくする
・食欲の適正化

の2つになります。

続いて、発酵食品(キムチ、納豆、みそ汁、ヨーグルトなど)を完食することで、脂肪の合成を抑えてくれます。

具体的にいうと、エネルギーとして使われなかった糖質は脂肪に合成されます。

しかし、「モナコリンK」が含まれている発酵食品を食べることによって、糖質を多くとる人でも太りにくくなることが期待できるのです。

続いて、たんぱく質を完食します。ここでは、

1、植物性たんぱく質(豆腐等の豆類など)
2、動物性たんぱく質(肉・魚など)

の順番で完食しましょう。
なぜなら、植物性たんぱく質は消化に時間がかかると言われているからですね。

最後に、炭水化物(ごはん、麺など)を完食します。

 

炭水化物だけの食事という味気無さや、これまでの食事でお腹も落ち着いてきているので、食欲は抑えられると言われています。

炭水化物は太る原因ですが、一日のエネルギー源であるだけではなく、代謝を上げてくれる効果があるので、全くとらないのはやめたほうが良さそうです。

以上の食べる順番を制約するだけで、体重が減少する期待ができますが、急に停滞期が訪れます。
それが、炭水化物をドカ食いする「爆発の日(チートデイ)」の目安だと言われています。

ドカ食いをする日はそれだけ体重が増えますが、すぐにそれ以上の体重の減少、
停滞期を乗り越えることができると言われています。

しかし、爆発の日には4つのルールがあるのです。それは、

・体脂肪の条件(目安、男性(体脂肪25%以下)、女性(体脂肪28%以下)
・摂取カロリー(目安、体重【kg】×45【kcal】)
・翌日の食事では、炭水化物を完全に抜く。(爆発の日の前後のメリハリをつける)
・大体3週間程度の間隔(日々体重計をチェックして、体重が落ちにくくなっているか)

です!

この食べ順爆発ダイエットの最大の魅力は、

・果物(食物繊維なので一番目)
・ラーメン(野菜→肉→炭水化物)
・おやつ・スイーツ(食後ではなく、おやつの時間に)
・お寿司・丼(具→ごはん)
・アルコール・お酒

これらを食べてOKなんです!

 

「え、そうなの?」

と、思わず二ヤけてしまいますよね!

 

しかし、

・カレー
・チャーハン
・ピラフ
・ふりかけ
・ドレッシング(控えめに)

などは、あまり食べないようにしましょう。
なぜなら、栄養素を単体で摂取することが重要だからです。

あと、「爆発の日(チートデイ)」についての注意があります。
体重が停滞してしまう原因はいくつかあり、
例えば、
・栄養不足
・胃や腸の動きが鈍い
・便秘
などがあります。

なので、停滞期解消を狙ってチートデイをするのであれば、専門家や知識のある人の診断の元、実践することをオススメします。

もし、あなたが、

・食事制限などの無理をしてもダイエット効果がでない
・ダイエットをこれから始めるがどの方法にしようか迷う
・リバウンドをしてしまった

などで悩んでいる場合は、

ストレスや食事制限のない楽に痩せられる

「食べ順爆発ダイエット」

を是非参考にしてみてください!

今日も最後までメルマガを読んでいただき本当にありがとうございました。

-佐々木雅翔

2アンケート