青汁は野菜の代わりになりますか?

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

 

こんにちは。

 

出海です。

 

お正月はどのように過ごされましたか?

 

初詣や初売りにでかけたり、家族、親せき、友人知人と

交流を深めたり、いろいろな場合があると思います。

 

新年の願掛けとして、

 

理想のボディメイクを今年こそ達成する!

 

というような強い決意を神仏に誓ったり、

 

気持ちも新たに、今年こそダイエットに挑戦しようと心に決めたかもしれませんね。

 

いずれにせよ、1月からきちんと食事と運動の良い習慣づけをすることができれば、

 

理想の体型にグンと近づきますので、がんばっていきましょう!

 

さて今日は読者からのメッセージを取り上げたいと思います。

 

トモコさんからLINEでいただいたメッセージを紹介させていただきます。

 

引用ここから

こんにちは!

 

いつも参考になる情報をありがとうございます。

 

以前24/7に3ヶ月通っていました。

半年で20kg痩せることができました。

 

ところで質問なのですが、3食の食事をとる際に、野菜の代わりに青汁を飲むのでもよいでしょうか?

 

だいたい1日3食のうち、昼と夜に野菜をとっていますが、量的にも費用的にもたくさん摂取するのは厳しくなってきました。

青汁でも野菜としてOKであれば、青汁にしてみようかと思い質問させていただきました。

 

よろしくお願いいたします。

引用ここまで

 

トモコさんご質問ありがとうございます。

 

3ヵ月間24/7ワークアウトに通われ、半年間で-20kgの減量に成功されたとのこと、おめでとうございます!

 

ご質問いただくのもうれしいですが、こうして結果を報告していただけるのはさらにうれしいです。

 

さてご質問の「3食の食事をとる際に、野菜の代わりに青汁を飲むのでもよいでしょうか?」という件ですが、結論から言うと、条件付きでOKです。

 

どういうことかというと、理想としては自分で調理した生野菜や過熱した野菜を食べる方がいいです。

 

食品は加工をして時間が経ってしまうと、どうしても新鮮さや栄養が失われてしまうからです。

 

青汁も、スロージューサーなどで自作したものをすぐ飲む方が、栄養吸収の面からも理想的です。

 

ただ、忙しかったり、調理が面倒だったり、野菜の値段が高くなったりすると、なかなか理想的な質と量の野菜を摂るのが難しいというのもよくわかります。

 

そこで、市販の青汁などを野菜代わりに飲むのはかまいません。

 

ただ、その場合も糖質量には十分気を付けてください。

 

飲みやすいように、果物などを配合したものは、特に糖質が高めになることが多いです。

 

1杯(180~200ml)当たりの糖質量が5.0g以下のものを選ぶように、してください。

 

また、青汁の問題点の一つとして、絞る過程でどうしても野菜の繊維質が失われてしまうことがあげられます。

 

私が自作の青汁を飲んでいたときは、搾りかすを大さじ2杯分くらい掬って青汁を注いだコップに混ぜて飲んだりしていました。

 

搾りかすを入れすぎてしまうと、飲んだ時の口当たりが悪くなってしまうので注意が必要ですが、現代の食事では不足しがちな食物繊維はしっかり補っておきたいです。

 

最近は食物繊維や乳酸菌などを配合した青汁も販売されているので、試してみるのもいいと思います。

 

最後に青汁を飲む際の注意ポイントをまとめておきますね。

 

・理想は料理で野菜をしっかりとること

・青汁はあくまで補助的な役割と考える

・市販のものを取る場合には糖質量と食物繊維に注意する

 

これらの点に注意して上手に青汁を活用してください。

 

今日は「青汁は野菜の代わりになりますか?」という

読者の方からの質問にお答えしました。

 

あなたのダイエットやボディメイクの参考にしていただけると嬉しいです。

 

それでは。

 

-出海 肇

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。