低糖質のレトルトカレー

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

 

こんにちは。

 

出海です。

 

突然ですが、あなたはカレーお好きですか?

 

私は結構好きなほうです。

 

外食でも、家庭料理としてもカレーは人気がありますよね。

 

ただ、糖質コントロール中は、注意が必要な料理です。

 

例えば、ご飯の量が180gのビーフカレーは1人前で、糖質量が87.9gもあります。

 

このメルマガでは糖質コントロール中には1日の糖質摂取量を

 

体重kg×1.0g

 

以下に抑えることをオススメしています。

 

たとえば、体重55㎏の場合は

 

55×1.0=55g

 

という計算で55gが糖質摂取の目安になります。

 

ただ、どうしてもカレーを楽しみたい時もあるのではないでしょうか。

 

そこで今日は、糖質コントロール中にオススメの、低糖質レトルトカレーを紹介します。

 

それではさっそく始めていきます。

 

大塚食品 マイサイズシリーズ

 

まずご紹介したいのが、大塚食品の「マイサイズ」シリーズです。

 

大塚食品といえばボンカレーが有名です。

 

ボンカレーのメーカーが作ったカレーなら、信頼感がありますよね。

 

マイサイズシリーズのカレーは5種類あります。

 

http://www.otsukafoods.co.jp/product/mysize/

 

それぞれの糖質量は、

 

1.欧風カレー … 12.2g

2.バターチキンカレー … 11.0g

3.グリーンカレー … 9.6g

4.スパイシーチキンカレー … 11.3g

5.和風カレー … 6.7g

 

となっています。

 

このマイサイズシリーズの便利なところは、レトルトカレーの調理法にあります。

 

なんと、そのままレンジで調理OKなのです。

 

普通のレトルトカレーだとレンジで温める場合に、耐熱皿等にルーを一度移してからチンする必要がありますよね。

 

あるいは、袋のまま温める場合は、鍋に湯を沸かしてそこでレトルトパックを熱します。

 

これだと原材料を切ったり炒めたりコトコト煮たりという手間はありませんが、やはり面倒に感じることもあるのではないでしょうか。

 

マイサイズシリーズは袋に蒸気が抜けるような特殊な仕掛けがしてあって、箱のふたを開けすぐにレンジで温めることができます。

 

私もバターチキンと欧風カレーを食べてみましたが、非常に手軽で簡単です。

 

味は普通においしく感じました。

 

また、カレーにはご飯がつきものですが、大塚食品はマンナンごはんというものを同時に発売しています。

 

このマンナンご飯は1人前140g当たりの糖質量が33.0gとなっています。

 

同じ量の白米のご飯は51.5gの糖質量がありますから、36%の糖質がカットされています。

 

糖質カットができるのは、お米の粒に似せたマンナンヒカリという食品を混ぜているからです。

 

マンナンヒカリの原材料はこんにゃくです。

 

なるほど、糖質が低いわけですね。

 

欧風カレーとこのマンナンご飯を一緒に食べると、合計の糖質量は、45.2gとなります。

 

ご飯の分、やはり糖質が多めになってしまうのが難点ですが、どうしてもカレーライスが食べたいときには考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

三菱食品 からだシフトシリーズ

 

これは、三菱食品のからだシフトというレトルト食品のシリーズです、カレーのラインナップは、

 

1.ビーフカレー … 7.0g

2.バターチキンカレー … 6.0g

3.グリーンカレー … 2.8g

 

の3種類あります。

 

https://karadashift.jp/product

 

また「ごはん大麦入り」も発売されています。

 

こちらは1食150g当たりの糖質量が35.0gとなっています。

 

マイサイズ同様にビーフカレーのルーとご飯を合わせて食べると、合計の糖質量は42.0gになります。

 

やはりご飯の分糖質が増えてしまいますね。

 

糖質コントロール中に、カレーが食べたいときは、おからや糖質ゼロ麺、豆腐、豆類、カリフラワーなどをご飯の代わりにして食べるのがオススメです。

 

私はこちらのシリーズでは、ビーフカレーとバターチキンカレーを食べたことがあるのですが、大塚食品に負けず劣らずおいしかったです。

 

もしあなたが、これらの糖質オフでないカレーを食べたくなった場合には、ご飯抜きで食べるのがいいでしょう。

 

カレールーと具だけなら、1人前20g程度に糖質を抑えることも可能です。

 

その場合、カレーにつきもののジャガイモ、ニンジン、玉ねぎといった野菜は糖質量が多めなので食べすぎないように注意してくださいね。

 

私はドラッグストアでこれらのカレーを見つけましたが、スーパーやネットショップなどでも購入できると思います。

 

もし興味があれば食べてみてください。

 

私は次はグリーンカレーを食べてみたいです。

 

今日は低糖質のレトルトカレーについてお伝えしました。

 

あなたのダイエットやボディメイクの参考にしていただければ嬉しいです。

 

それでは。

 

-出海 肇

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)