余分な脂肪を落とすためのホルモンコントロールとは?

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

ダイエットやボディメイクがんばっていますか?

がんばれているという場合も、あまりがんばれていないという場合も、

今日の記事を最後まで読んで、モチベーションをアップしていただければと思います。

ところで、

このメルマガでは、食事のカロリー制限のみをダイエットの方法として実践することをおすすめしていません。(※)

なぜなら、

>カロリー制限で
>落ちる体重の70%は、
>脂肪のない筋肉組織である

とされているからです。

筋肉量が落ちてしまえば、基礎代謝の量が減り、その分体脂肪がカラダについて、太りやすく痩せにくい体質に近づいてしまうからです。

※カロリー制限をオススメしないと言っても無制限に食べてよいということではないので、注意してください。

 

ダイエットと聞くと

「体重を落とすこと」

と条件反射的に思い浮かべてしまうかもしれませんが、

重要なのは、体重を落とすことではなくて、むしろ、

「余分な脂肪を落とすこと」

なのです。

 

余分な脂肪を落とすことで、あなたの理想のボディラインを手に入れることができ、着たい服を着て大好きな人とデートしたりできるようになってくるのです。

では、カラダについた余分な脂肪を落とすためには、どうしたらよいのでしょうか?

実はそのカギを握るのが、ホルモン分泌なのです。

ホルモンは、カラダの内外の環境変化に応じて分泌される生理活性物質で、人間の健康状態のバランスを整えるために大切なものです。

食べ物からエネルギーを摂取し、余分なものを飢饉などの食糧不足の時に備えて脂肪として蓄えるというシステムは、人間の生存にとって重要なものです。

各種のホルモンはこのエネルギーシステムを調整する役割があります。

「余分な脂肪を落とすこと」に関係するホルモンに「インシュリン」があります。

このホルモンは、糖質を摂ることで分泌され、血糖値を抑えると同時に、余ったエネルギーを脂肪酸に変える働きがあります。

カラダになるべく脂肪をつけたくないダイエッターとしては、このインシュリンの分泌をできるだけ抑える方法を実践したいところです。

その方法が、「できるだけ摂取する糖質量を抑える」というものです。

このメルマガではおなじみの方法ですね。

糖質と同時に気になるのが脂質(脂肪)です。

どちらも体にとって重要なエネルギー源ですが、その利用比率は人体の活動状況によって変わり、

糖質:脂質の比率が

安静状態=10%:90%」
楽な運動=40%:60%
ハードな運動=90%:10%

という風に変化するとされています。

糖と脂肪のうちエネルギーにしやすいのは糖なので、ハードな運動で大量のエネルギーを必要とするとカラダは最初に糖を使います。

糖を使い切るとカラダは徐々に脂肪をエネルギーとして使い始めるのです。

また、気をつけなければならないのは、空腹時などにハードな運動をしたりすると、カラダは脂肪よりも先に筋肉を分解してエネルギーを得ようとしてしまう性質があります。

これを防ぐためには、運動の30分くらい前までに糖質を含んだものを口にしておくことです。

ただあくまで、筋肉分解を防ぐ目的なので、ガッツリ食べるのではなくバナナ1/2本くらいがオススメです。

ここで、もう一つの脂肪を燃やすカギとなるホルモンの「グルカゴン」の話をさせてください。

グルカゴンはインシュリンの相方のようなホルモンです。

インシュリンが血糖値の高い状態で分泌されるのに対して、グルカゴンは血糖値の低い状態で分泌されるという特質をもちます。

実は、先ほどお伝えした糖質量を抑えた食事によって、膵臓でインシュリンの代わりにグルカゴンが分泌されるようになるのです。

すると体内の脂肪酸がエネルギーに変換され消費されるようになります。

俗にいう脂肪燃焼の状態ですね。

 

また、グルカゴンは「成長ホルモン」という別のホルモンの分泌も促進します。

この成長ホルモンは、

・代謝の促進

・体脂肪をエネルギーとして使うことをうながす

という特徴があります。

ダイエッターならぜひ味方につけたいホルモンですよね。

今日は、余分な脂肪を落とすためのホルモンコントロールについてお話をしました。

要約すると、

 

■体脂肪を落とすには、

1.インシュリンの分泌を抑える

2.グルカゴンの分泌を増やす

3.成長ホルモンの分泌を増やす

ことが重要です。

■↑のためには、

糖質を抑えてタンパク質と脂質の摂取量を増やす

という方法が有効です。

ぜひ参考にして、理想のダイエットやボディメイクを成功させてください。

それでは。

 

-出海 肇

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。