ラーメンに誘われた時の対処法


  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

突然ですが、質問です。

もし、あなたが糖質制限ダイエット中に、友人や家族から、
「ラーメン食べに行こう!」
「お好み焼き一緒にどう?」
などと誘われたらどうしますか?

私は優柔不断な方なので、つい流されて糖質たっぷりの「ザ・炭水化物」といった感じの料理をここぞとばかりにじゃんじゃん食べてしまい、あとでちょっと後悔するパターンが多いです。

(もちろん、食後に散歩に出たり、翌日の食事量をコントロールしたり、筋トレの負荷を増やしたりして調整をしています。)

あなたの周囲に糖質コントロールをしている人が多かったりする場合は、糖質が高めの食事に誘われることはそんなにないかもしれません。

ただ、それでも普通に生活している以上、誘われてしまう可能性はありますよね。

そんな場合の対処法としては…、

・強い意志ではねのける
・体調が悪いなど小さな嘘をついて乗り切る

一緒に食事には出かけるが、糖質抜きのメニューを頼む
・あまり乗り気ではないがつきあって糖質オーバーの食事をする

・開き直って食べる
・いっしょには行くが量は控えめにする

焼き肉、焼き鳥など糖質オフメニューがありそうなお店に行く

などが考えられます。

考え方はいろいろあると思いますが、この機会に

「もし自分だったらどうするか」

というシミュレーションをしておくと、いざという時にあたふたしたり、あとから、

「行かなきゃよかった…」
「人間関係にヒビが入りそう…」

などと悩むことが少なるかもしれません。

ただ、ダイエットはデリケートな問題なので、たとえ親しい人でも自分が糖質コントロールをしていると打ち明けたりできない場合もあるかもしれません。

その場合は、ちょっとした言い訳を考えておいたり、外食先で選べるメニューをあらかじめ調べたりして対策しておくのも一つの方法です。

たとえばハンバーガーショップなら、低糖質バンズバンズの代わりにレタスをチョイスできる場合もあります。

ラーメンなら、半玉といって麺の量を半分にしてもらえたりするところもあります。

また、お好み焼きなら、小麦粉を使わないサイドメニューの鉄板焼みたいなものをチョイスできる場合もありますよね。

私自身は「ゆるい」感じが好きなので、無理せずつき合って普通に食事をして、翌日からまた頑張るというスタンスです。

翌日や翌々日にできる工夫としては、1日に摂取する糖質量をビシッと減らすなどでしょうか。

また、翌日に筋トレなどをする場合はダンベルの重量を増やしたり、1つの動作の回数を多くするなど、負荷を多めにしてやるのもおすすめです。

 

普段使っているエスカレーターをやめて階段を使うとか、気分転換に目的地の一駅手前で降りて歩くなどでもいいですね。

もし、誘いを受けた1回の食事で糖質を多めに摂ってしまっても心配しないでください。

 

なぜなら、余分に摂取したエネルギーはすぐに体脂肪に変わるわけではなく、ある程度の時間が必要になってくるからです。

 

ダイエッターにとって、この時間差は「余分なエネルギーを消費するための貴重なチャンス」になります。

 

どういうことかというと、その次の食事のタイミングから数日の間に、糖質量を調整したり、運動量を増やしたりすることでリセット効果が期待できてしまうということです。

 

いずれにせよ、あまり無理をするとダイエット自体が続かなくなるので、もし厳しめにする場合もほどほどにする方がいいと個人的には思います。

今日は、もしラーメン屋お好み焼きなど、糖質コントロール中に糖質たっぷりの食事に誘われたらどうするか?について考えてみました。

参考にしていただければうれしいです。

それでは。

-出海 肇

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【60,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。