ナッツは太りますか?

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

 

こんにちは。

 

出海です。

 

ダイエットやボディメイク、うまくいっていますか?

 

理想に近づいてきたという場合、少し停滞気味という場合、色々なケースがあると思います。

 

正しい努力を続ければ、体はキチンと応えてくれます。

 

ですので、今思うように結果が出ていなくても諦めずに続けてくださいね。

 

さて今日は、読者の方からの質問にお答えしようと思います。

 

★BLUE MOON★さんからの質問です。

 

引用ここから

 

ナッツ類は太りますか?

 

どの程度食べても大丈夫でしょうか?

 

糖質の低い順に教えてください。

 

引用ここまで

 

★BLUE MOON★さん、ご質問ありがとうございます!

 

結論を申しますと…、ナッツ類とひとくくりにいっても、糖質の高いものと低いものがあります。

 

ですので、同じ量を摂ったとしても、太りやすいかどうかには差があるというのが正直なところです。

 

また、どの程度食べても大丈夫か?というのは、全体の食事バランスによるとしかいいようがありません。

 

ただ、それでは身も蓋もありませんよね。

 

そこで今日は、間食にナッツを摂る際に、目安となるような情報をお伝えしますので、参考にしてみてください。

 

まずは糖質順にナッツ類をリストアップしてみました。

 

糖質の低いおすすめナッツ類(100gあたりの糖質量)】

 

・ピーカンナッツ(4.2g)

 

マカデミアナッツ(5.4g)

 

くるみ(7.0g)

 

・ヘーゼルナッツ(8.2g)

 

・松の実(9.4)

 

アーモンド(10.0g)

 

糖質の高い要注意ナッツ類(100gあたりの糖質量)】

 

・ピーナッツ(12.7g)

 

・ピスタチオ(18.0g)

 

カシューナッツ(29.7g)

 

・銀杏(37.6g)

 

糖質順にならべたので、ピーナッツは糖質高めに入っていますが、アーモンドやピーナッツは糖質面から見て標準的なナッツに入ると考えてください。

 

次に、

 

どの程度なら糖質コントロール中に食べても大丈夫なのか?

 

という点について述べたいと思います。

 

普通の食事の場合、おすすめのナッツの摂取量は、1日あたり25g(手のひら1杯分)などと言われます。

 

たとえば、この量をピーカンナッツで摂ると、1.05gの糖質量を摂ることになります。

 

同じ量を銀杏で摂ってしまうと、9.4gの糖質量をカラダに入れることになるのです。

 

私達のおすすめする糖質コントロールでは、糖質の摂取量を体重(kg)×1.0g以下に抑えることをおすすめしています。

 

例えば体重50kgのひとであれば、50gが一日の糖質摂取の目安になります。

 

この基準以下であれば、どれだけナッツを食べても構わない感じもしますよね。

 

ただ、ナッツ類は脂質が多かったりするので、そのあたりも考慮に入れる必要があります。

 

他の食品などとの栄養バランスも考えると、1日あたりのナッツからの糖質摂取量は、多くても5g程度に抑えておくほうが良さそうです。

 

アーモンドを基準にすると、手のひら2杯分の50gくらいまでになります。

 

糖質の高いカシューナッツであれば、手のひらの7分目くらいの量(16.8g)を目安にしてください。

 

また、一気に食べるよりは、何回か分けて、間食で取るのがおすすめです。

 

空腹感からドカ食いをしてしまったり、血糖値が急に上昇してしまうのを防ぐためです。

 

血糖値の急上昇はインスリンの分泌量を増やし、結果として体脂肪を蓄えやすくなってしまいます。

 

ダイエットのために食べるナッツで太ってしまうのでは意味がありませんからね。

 

今日は読者からのナッツに関する質問に回答しました。

 

ポイントは、

 

・ナッツは低糖質のものを選ぶ

 

・1日の摂取目安は手のひら1~2杯分

 

 

2点です。

 

あなたがナッツを食べるときの参考にしていただければと思います。

 

それでは。

 

-出海 肇

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)