睡眠不足を解消して肥満を避ける方法

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

3月に入りましたね。

関東地方では日によっては春らしいポカポカ陽気になったりして、気持ちのよい一日を過ごせたりしています。

あなたのお住まいの地域ではどんな感じでしょうか?

 

私は春が近づくと日中でもついうつらうつらと居眠りをしてしまいそうになります。

ここであなたはもしかしたら、

「ダイエットのメルマガなのに、なんで睡眠の話なの?」

と思ったかもしれませんね。

 

実は睡眠と肥満には深い関係があったのです。

 

そこで今日は

【睡眠不足を解消して肥満を避ける方法】

についてお伝えしたいと思います。

 

先ほどもお伝えした通り、睡眠と肥満は非常に関係が深く、肥満体型の人は熟眠しにくくなり、睡眠不足の人は肥満体型になりやすいという傾向があります。

この関係を説明するカギは、「レプチン」というホルモンにあります。

レプチンは脂肪細胞から分泌され、満腹中枢に働きかけて食欲を抑える働きがあります。
また、交感神経を活性化して脂肪を燃やし、エネルギー代謝を促進するという働きもしています。

ところが睡眠不足状態が続くと、このレプチンの分泌が減ってしまい、満腹感が感じられなくなったり、体内のエネルギー代謝が減ってしまうという現象が起こります。

また、睡眠不足状態にあると、脳の理性的な部分よりも本能的な部分が優位になるという問題も出てきます。

 

睡眠が充分に足りている普通の状態なら、

「食べる量を減らそう」

とか

「この食品は糖質が高そうだから避けよう」

と理性的な判断が働いて、うまく自分をコントロールできる可能性が高いです。

 

ところが睡眠不足状態にあると、

「できるだけたくさん食べたい」

とか

「スイーツやラーメンが欲しい」

などという本能的な脳の部分が働いて、感情的に物事を判断しやすくなり、うまく自分をコントロールできなくなってしまいます。

 

その結果、暴飲暴食をし続けたり、やせっかく始めたダイエットを中断してしまったりする可能性も出てきます。

こうなると太りやすく痩せにくいカラダに向かってまっしぐらという、ダイエッターにとっては最も避けたい状態といえます。

 

ここで、

「では、睡眠不足を解消するためには具体的にどんなことをしたらいいの?」

という疑問がわくかもしれませんね。

 

結論は非常にシンプルで、十分な時間をとって眠ることに尽きます。

ただ、現代の日本人は特に睡眠時間が少なくなる傾向にあり、平日などは特に睡眠時間の確保が難しいという場合も多いかと思います。

 

そこで、私が実際に工夫している短い時間でも熟眠するための工夫をお伝えしておきます。

 

睡眠不足という最悪の状態を避け、上手にレプチンを分泌させて、ダイエットを成功させるためには、次のポイントを守るようにしてみてください。

 

■スマホのアラームで起床しないようにする

スマホのスクリーンからはブルーライトと呼ばれる種類の光が発せられていて、この光が交感神経を刺激して、脳を興奮状態にしてしまいます。

その結果安眠が妨げられて、睡眠不足をまねきやすくなります。

こうした状態を避けるためには、スマホのアラームではなく、普通のアナログの目覚まし時計などを使うようにしてください。

 

■部屋のカーテンを「遮光カーテン」に変える

これはすぐにやるのは難しいかもしれません。

ただ、部屋の模様替えなどを考えている場合は、あなたの寝室に遮光カーテンを引くことを考えてもいいかもしれません。

私も自分の寝室を遮光カーテンに変えてからは、より熟睡できるようになったので、この方法は超オススメです。

ただ、お金も手間もかかる方法なので、もし難しい場合には、アイマスクなどを利用すると遮光カーテンに近い効果を得ることができます。

 

■寝具を快適なものに変える

もしあなたが、なかなか安眠できないという場合、寝具があっていない可能性もあります。

ベッドや布団、毛布や枕など、自分が快適だと感じるものを使うようにしましょう。

枕の高さなどは、バスタオルなどで調整できるので、もし枕の高さが合わない場合は、ためしてみてください。

今日は、睡眠不足を解消して肥満を避ける方法についてお伝えしました。

遮光カーテンについては、なかなか今日今すぐにというわけにはいかないかもしれませんが、本当に安眠効果があるので、チャンスがあればぜひ試してみてくださいね。

それでは。

-出海 肇

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)