20代でも必要な足のアンチエイジング対策

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
jogging

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

突然ですがあなたは

「老いは足から」

というような表現を聞いたことがありますか?

私がこの表現を聞いたのは20代のころで、その時は、「自分はまだ20代だし関係ないや…」と思って軽く聞き流していました。

ところが…、

家族で栃木県の日光の方にハイキングに出かけることになり、そこでいやというほどこの言葉を実感させられました。

 

当時私は27、8歳だったと思います。

私より4歳年下の妹と当時50代だった母といっしょに8kmくらいの比較的アップダウンの少ないハイキングコースを巡ることになりました。

最初の30分くらいまでは、何とか歩けていたのですが、その先はずっとすたすた先を行く母と妹に追いつくのが大変でした。

母と妹は普段から運動をしていたので平気で歩いていましたが、当時の私は体重は80kgくらいありました。

そのために心臓はバクバクいうし、息はゼエゼエ、膝はガクガクで、3時間半くらいで行けるコースを5時間くらいかかってゴールしたのを覚えています。

それからしばらく経って、ダイエットを決意し、今は73kg前後をキープしています。

ちなみに身長は182cmです。

太っている時は、何もないところで足がもつれたり、立ったまま靴下をはくことができないなど、今思えば「老化」ともいえる状態にありました。

「老いは足から」という言葉そのままですね…。

 

少し前置きが長くなってしまいましたが、今日は足を刺激して代謝をアップさせ、若さを保つアンチエイジングの方法を4つお伝えします。

それではさっそくお伝えしていきますね。

まずはウォーミングアップからです。

 

■足の裏を刺激する

座った姿勢で右足を左太ももの上に乗せてください。

左手でグーを作り右足の土踏まずをグリグリと押して刺激を加えてください。

同じように左足の土踏まずも刺激します。

両足を30秒くらいずつやるようにしてください。

 

■足ワイパー

次に足を前に投げ出すように座ってください。

椅子に座っても、床にペタッと座ってもどちらでもかまいません。

この状態でつま先を天井に向けてください。

つぎに、両足を足首を中心にして車のワイパーの様な動きをさせてください。

両足をそろえてリズミカルに30回くらい動かすようにしてみてください。

 

■足ブラブラ

次に立ち上がって、椅子や壁に手をついてください。

右足だけで立って、左の足を前後にブラブラ、左右にブラブラさせてリラックスさせてください。

これは股関節をほぐすための動きです。

 

■タオルギャザー

これが足に刺激を入れる運動のうちで、私が一番好きなエクササイズです。

やり方はまず、裸足になって椅子に座ってください。

次に用意したタオルを床に敷きます。

次にこのタオルを足の指先だけでどんどんかかとの方へ送っていくようにします。

タオルの端から端へとうまく送ることができたら、左足でも同じようにします。

これは左右5回ずつやるようにしてください。

慣れてきたら立ったままでもできるようになりますが、バランスを崩してしまう可能性もあるので、最初のうちは椅子に座りながらやるようにしてください。

 

これらの動きは、脚や股関節の血流を増やし、柔軟する効果があります。

もしあなたが今20代だとしても、普段あまりしない動きだと思うので、確実に筋肉を刺激でき、代謝もアップします。

30代以上の場合はさらに効果を実感していただけると思います。

今日は、今日は足を刺激して代謝をアップさせ、若さを保つアンチエイジングの方法についてお伝えしました。

全部やっても時間はそれほどかからないので、今すぐにやってみてくださいね。

それでは。

-出海 肇

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)