ジャンクフードやスイーツをお腹いっぱい食べたいです!

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

 

あなたは、ダイエットやボディメイクを実践していて、

突然ジャンクフードやスイーツなどが食べたくなることってありませんか?

 

「そんな経験、全くない」

という場合は、今日のこの記事は読み飛ばしていただいてもいいかもしれません。

逆にもしあなたが、糖質制限を実践中に

・無性にジャンクフードが食べたくなった

・スイーツをたくさん食べ過ぎてしまった

という経験をしていたり、今まさに悩んでいるという場合は、

今日お伝えする考え方を実践してみると、いいかもしれません。

 

私自身もこの「考え方」を知ったことで、ずいぶん楽になりました。

100%完全な食欲のコントロールは難しいですが、この考え方を知っておくと、

糖質制限中にジャンクフードやスイーツが食べたくなってもうまく対応できるようになります。

それでは始めていきますね。

 

ダイエットやボディメイクを実践するうえで、運動の習慣化と食事のコントロールが大切だということは繰り返しお伝えしています。

あなたもこのメールを読んでいただいているということは、

1.運動と食事の両方に取り組んでいたり、

2.どちらか一方をやっていたり、

3.あるいはやろうとして準備中

のいずれかの状態にあると思います。

メルマガ読者の方から受ける相談で多いのが、【食欲のコントロール】についての悩みです。

つい暴飲暴食をしてしまったり、ジャンクフードやスイーツをやめられないといった悩みが多いですね。

そこで今日は「ジャンクフードやスイーツが無性に食べたくなる状態」にある時、あなたがどうなっているかについて少し掘り下げて考えてみたいと思います。

 

まず、あなた自身が

「ジャンクフードやスイーツをお腹いっぱい食べたい!」

という気持ちになってしまった状態を思い浮かべてください。

そういう時は、身体と精神のエネルギーバランスが崩れている可能性があります。

どういうこと?

と思われたかもしれませんね。

きちんとご説明していきますので、最後まで読むようにしてください。

 

まず、休日などに、ぐっすりと眠ることができた朝をイメージしてみてください。

この時のあなたのエネルギーレベルを、

身体:精神=10:10

だとします。

 

身体的なエネルギーと、精神的エネルギーが両方ともにみなぎって、充実している状態ですね。

平日でも毎朝こんな状態だと、人生は楽しいと思います。

ある意味で理想の状態ではないでしょうか。

 

逆に、仕事や学校、人間関係などでへとへとになった時のあなたのエネルギーバランスは

身体:精神=9:3

という感じに減っていってしまいます。

 

もちろん数字の比率は状況によって変わるかもしれませんが、思い当たることがありませんか?

この身体と精神のエネルギーバランスが崩れている時に、ジャンクフードやスイーツなどへの欲求が高くなると考えられます。

 

人間には恒常性(ホメオスタシス)という機能があり、本能的に心やカラダを守ろうとします。

この機能は何かあなたに変化が起こると、バランスをとって元の状態に戻ろうとします。

つまり、環境の変化であなたの精神的なエネルギーレベルが下がってしまうと、食べることで無理やり精神のエネルギーレベルを上げてやろうとしてしまうのですね。

 

ジャンクフードやスイーツは急激に血糖値を上げます。

急激に血糖値が上がることで、満腹中枢が刺激されてセロトニンやエンドルフィンといった快楽物質が脳内に放出されます。

 

人類の数百万年の歴史の中で、「飽食の時代」と呼べるのはせいぜい最近の100年くらいです。

人類はほとんどの期間を「餓死」と隣り合わせの状態で生き抜いてきました。

そのために、簡単に血糖値を上げてくれる食物を食べるとある種のご褒美として脳内に快楽物質を分泌するようになったのです。

その仕組みが近年のライフスタイルの変化に伴って人類の健康を脅かすようになってしまいました。

だから、糖質制限や筋トレなどをしてカラダを健全な状態に保つ必要があるんですね。

 

あなたが糖質制限などで食事のコントロールをして、急激に血糖値を上げるような食べ物を遠ざけるような行動をとるということは、数百万年続いた人類の本能的な反応に逆らう行為です。

ですので、ジャンクフードやスイーツ、暴飲暴食などで悩んでしまうのは、ある意味で当たり前の現象だといえます。

ただ、当たり前だからといって、悩みを解消できないのでは困りますよね。

そこでジャンクフードやスイーツが欲しくなった場合の対処法をお伝えします。

 

先ほど急にジャンクフードやスイーツが食べたくなる場合というのは、身体的なエネルギーと精神的なエネルギーのバランスが崩れた状態にあるという考え方をお伝えしました。

身体:精神=9:3

のような感じですね。

 

こういう時の対処法は、たとえば筋トレなどで、カラダを疲れさせて、

身体:精神=3:3

の状態にするのがオススメです。

 

カラダが疲れてエネルギーのバランスが下がって、精神エネルギーとの釣り合いが取れると不思議なことにジャンクフードやスイーツを食べたいという気持ちがおさまってきます。

100%完全で誰にでもあてはまるというわけではないかもしれません。

ただ、私の場合にはうまくいったので、あなたもぜひ一度試してみてください。

今日は、

「ジャンクフードやスイーツをお腹いっぱい食べたい!」

という欲求が抑えられなくなった時に効果的な考え方と、その対処法についてお伝えしました。

あなたのダイエットやボディメイクの参考にしてください。

それでは。

-出海 肇

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)