スグに痩せて見える!GW中にぜひ使いたい写真のテクニック

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

 

こんにちは。

 

出海です。

 

ゴールデンウィークですね。

 

仕事や学校などが休みの場合、

休みではなく逆に忙しい場合、

 

いろいろあると思います。

 

どちらの場合にも、理想のボディスタイルを手に入れるという目標を忘れずに、過ごしていただければと思います。

 

夏が近くなると薄着になり、ボディラインの崩れが気になったりしますが、

 

あなたは大丈夫でしょうか?

 

運動や食事のコントロールで、理想のボディラインを目指す努力はもちろん続けてほしいのですが、

 

今日お伝えするテクニックは

 

運動?

 

必要なし!

 

食事のコントロール?

 

必要なし!

 

で、痩せて見える魔法のようなものなので、

 

最後までキチンと読んで、マスターしてくださいね。

 

それでは始めていきます。

 

今日お伝えするテクニックは

 

写真に写る時にちょっと気をつけるだけで痩せて見えてしまうという方法です。

 

■姿勢を良くする

 

まず基本は背筋をきちんと伸ばして立つことです。

 

ぐっと胸を張って立ちお腹を少し力を入れてへこますだけでも、写真写りは違ってくるので、試してみてください。

 

■角度を変える

 

これは、カメラの角度と自分の体の向きをうまく調整する方法です。

 

先程のきれいな立ち姿をキープしながら、今度はアゴを引いてカメラに対して斜めに構えるようにします。

 

一般的に正面よりも斜めの角度から写される方が、人物の姿はシャープに見えます。

 

また、写真を写すカメラやスマホの高さにも注意を払ってください。

 

斜め上から撮影したときと、正面の下からアオリ気味で撮影したときでは、前者のほうが明らかに痩せて見えることが多いです。

 

■アシンメトリーを利用する

 

アシンメトリーという言葉をあなたは聞いたことがありますか?

 

もしかしたら髪型のことを思い浮かべたかもしれませんね。

 

この言葉は元は「シンメトリー(左右対称)」ということばの否定形で、「左右非対称」という意味になります。

 

「左右非対称を利用する」といきなり言われても意味がわからないかもしれませんが、今日のこの記事でオススメするアシンメトリーは人間の顔の非対称性のことです。

 

あなたもお聞きになったことがあるかもしれませんが、人間の顔は左右非対称にできています。

 

どんな人もパッと見た感じでは左右対称に見えるかもしれませんが、よく観察すると、顔の右側と左側では印象が違っていることが多いです。

 

あなたも、自分の顔が痩せてかっこよく見える方向が右側からなのか左側からなのか、自分で把握しておくと、写真に写るときの「決めポーズ」を作りやすくなります。

 

ちなみに私の場合は、自分の向かって右側から写したほうが、多少イケメンで痩せて見えます(笑)。

 

■気になる部分をうまく隠す

 

これは無意識に実践している人も多いかもしれません。

 

あなたがもしアゴのラインが気になる場合は、ピースサインなどでうまく顎のラインを隠してしまうのがオススメです。

 

また、お腹周りが気になる場合は自然に手をお腹の前で組んだり、バッグや花束などの小物でカバーしてやるとぽっこりしたラインが上手く隠せる場合があります。

 

最近はスマートフォンなどで手軽に写真を撮ることができるので、いろいろ自分で試してみるといいかもしれません。

 

今日は、痩せて見せるための写真テクニックをお伝えしました。

 

今すぐ簡単にできるので、ぜひあなたもチャレンジしてみてくださいね。

 

それでは。

 

-出海 肇

 

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。