もち麦ダイエットに注意!

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

 

こんにちは。

出海です。

 

今日は読者からいただいた質問にお答えしたいと思います。

 

質問者はYさん(女性)です。

 

引用ここから

↓↓↓

初めまして。

 

大変申し訳ないのですが、一回だけメニューを見てご指導下さい!!

 

朝→豆乳100に青汁、プレーンヨーグルトに蜂蜜少しと大根おろし少しとイヌリン粉末スプーン一杯、

 

10時→ゆで卵2個、お昼→ブロッコリー5、6個にチーズかけて温め、もち麦お茶碗8割、納豆、たまに鯖缶、

 

3時→果物一つかゆで卵2個、

 

夕飯前→牛乳100にイヌリン粉末スプーン一杯、

 

夕食→らっきょ5個くらい、肉か魚のおかず小さめなお皿に一皿、野菜のおかず小さめなお皿に一皿。

 

たまの外食以外基本的にこのメニューを繰り返していますが、去年の11月からダイエットをしてて全く痩せません。カロリー摂りすぎですか?!教えて下さい!!

 

↑↑↑

引用ここまで

 

ご質問にお答えしていきますね。

 

結論から言ってしまうと、

 

<<糖質の摂りすぎ>>

 

です。

 

摂取カロリーの総量よりも、糖質量に注目してもう一度1日の食事メニューを見直してみてください。

 

Yさんの現在の身長や体重がわからないので、詳しくお伝えすることはできないのですが、基本は糖質量を体重×1.0g以下に抑えるようにしてください。

 

たとえばYさんが現在体重50kgなら1日の目標糖質量を50g以下にコントロールしてください。

 

具体的にメニューをチェックさせていただくと

 

朝→豆乳100に青汁、プレーンヨーグルトに蜂蜜少しと大根おろし少しとイヌリン粉末スプーン一杯

  • 豆乳は無調整のものを飲むようにしてください。
  • はちみつは糖質量が多いので、ラカントなどの人工甘味料に変えるか、甘みを加えずにヨーグルトを食べるようにしてください。
  • 青汁も糖質量をチェックしてできる限り糖質を抑えた製品を選ぶようにしてください。
  • 他の食品は問題ありません。

 

10時→ゆで卵2個

  • 問題ありません。
  • ゆで卵は半熟状態のほうが消化しやすいです。
    また、ゆで卵に味を付ける場合には、糖質量の低い塩かマヨネーズなどをかけて食べるのがオススメです。

 

お昼→ブロッコリー5、6個にチーズかけて温め、もち麦お茶碗8割、納豆、たまに鯖缶

  • もち麦の糖質はお茶碗8割でも78.4gもあります。
    たとえ、Yさんの現在の体重が75kgあったとしても、この1食だけで目標の糖質量をオーバーしてしまいます。
    もち麦は、確かに白米よりも食物繊維を豊富に含みます。ただ、糖質量は多くなってしまうので注意が必要です。
    もち麦をやめて、その分、肉や魚などのタンパク質や低糖質の野菜などを摂ることをオススメします。
  • 他の食品は問題ありません。

 

3時→果物一つorゆで卵2個

  • 果物は健康に良いイメージがありますが、糖質コントロールダイエットでは、注意が必要な食品になります。
    何故かと言うと果物は一般的に糖質量が高いからです。
    ただ、ビタミンやミネラルを手軽に補給できる利点もあるので、もし果物を摂る場合は「ごく少量」を心がけるようにしてください。
  • ゆで卵は問題ありません。

 

夕飯前→牛乳100にイヌリン粉末スプーン一杯

  • コチラは問題ありません。

 

夕食→らっきょ5個くらい、肉か魚のおかず小さめなお皿に一皿、野菜のおかず小さめなお皿に一皿

  • このらっきょは甘酢漬けのものだと思います。
    それだと5個で糖質量は9.3gありますので、糖質コントロールに取り組んでいる間は、できれば避けたいところです。
    もし食べるのであれば、1~2個に抑えてください。
  • 魚や肉は逆に大きめのお皿でがっつりたべてもOKです。
    その場合には味付けの調味料やソースの糖質量も低くすることを忘れないでください。
  • 野菜も大きめのお皿で召し上がっていただいて大丈夫です。
    ただし、イモ類、にんじん、トマト、ごぼうなど意外に糖質の多い野菜もあるので、気をつけてください。

 

私達のオススメしているダイエットでは、

1.食事の糖質量のコントロール

2.運動習慣(週2回の筋トレ)

にポイントを絞ることをお伝えしています。

 

カロリーについてはそこまで重視していません。

ですので、私たちからYさんにアドバイスさせていただけるとすれば、

1.糖質に注目した食事メニューの見直し

2.運動の習慣化

の2点です。

 

【ご注意】

このアドバイスはあくまでYさんの健康維持のためのアドバイスです。

もし現在Yさんがケガをしていたり何らかの病気にかかっている場合は、医師や医療機関の指導に従うようにしてください。

 

Yさんが毎日の食事に気を使って生活されているのは、素晴らしいです。

特に、食物繊維の摂取などにまで意識が向けられているのは、普通はなかなかできないことですよね。

今回、24/7のLINEメッセージにご登録いただいたことをきっかけに、Yさんのダイエット知識がアップデートされ、理想のボディメイクを実現されることをお祈りしています。

 

今日は読者にいただいた質問の中からYさんの質問を取り上げてお答えさせていただきました。

色々なアドバイスをさせていただきましたが、特に注意したいのは「もち麦」です。

確かに食物繊維が多いので糖質の体内への吸収スピードはゆっくりで、血糖値を上げにくいという特徴があります。

ただ、糖質そのものの量が多いためにご飯と同じ感覚で食べてしまうと痩せにくくなる可能性が高いです。

どうしてももち麦が食べたいという場合でも、糖質コントロール中はできるだけ避けましょう。

健康的な理想のボディを手に入れてから少量食べるのがオススメです。

 

今日のこの記事を、あなたの日々のダイエットやボディメイクのヒントにしていただけると嬉しいです。

それでは。

 

-出海 肇

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)