低糖質で健康的な飲み物3選

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

 

こんにちは。

 

出海です。

 

ダイエットやボディメイク、頑張っていますか?

 

糖質コントロール中は、食べ物もそうですが、飲み物にも気を使いますよね。

 

水分補給なら、水や白湯(さゆ)もいいのですが、

毎日何回もとなると、物足りなく感じてしまう場合もあるのではないでしょうか。

 

そこで今日は、低糖質で健康的な飲み物を3つお伝えします。

 

比較的手に入れやすく、価格も手頃なので、

毎日のダイエット生活にも取り入れやすいと思います。

 

それでは始めていきますね。

 

【ペパーミントティー】

 

最初はペパーミントティーです。

 

ペパーミントはヨーロッパ産のハーブで、スーッとするメントールの香りが特徴的です。

 

生のミントの葉っぱを茶こしなどに入れてお湯を注ぎ、3分くらいすると、薄茶色のお茶がでます。

 

生のミントの葉が手に入らなくても、ティーバッグ入りのものをスーパーやデパートなどで買うことができます。

 

紅茶や緑茶を飲みなれていると、最初は違和感があるかもしれません。

 

私の場合も、最初は不思議な味だと感じましたが、いつの間にかあのスースー感が好きになりました。

 

デスクで仕事をするときなどに、飲みながら気分転換をしています。

 

ペパーミントティーは、昔から消化器系の調子を整えるのに有効だとされています。

 

あなたがもし胃腸の疲れを感じているなら、ペパーミントティーを試してみるのもいいと思います。

 

胃腸のコンディションがよくなれば、代謝もよくなるのでダイエットのサポートも期待できますよね。

 

また、ミントティーの利尿作用によりむくみの改善も期待できます。

 

もちろんハーブティーは薬ではなく食品なので、市販の薬ほどの効果はありません。

 

病気が治るほどの効果はないので、その点は過剰に期待しないようにしてくださいね。

 

【ルイボスティー】

 

ルイボスは、南アフリカのケープタウンの北部にあるセダーバーグ地方に生えるマメ科の植物です。

 

「ルイボス」という言葉は現地語で「赤い灌木」を意味するそうです。

 

ルイボスティーの色は赤い色であることが多いです。

 

ただ、日本のほうじ茶に似た色合いのグリーンルイボスティーなどもあります。

 

私はこのグリーンルイボスのお茶が好きです。

 

グリーンルイボスが普通のルイボスと違うのはその製法で、発酵させないために茶葉が緑色のまま抽出します。

 

グリーンルイボスは、すっきりした飲み口で主張しすぎないのが特徴です。

 

普通のルイボスティーは、赤い色で少し酸味があります。

 

特に普段と違った気分になりたいときは、赤いルイボスティーがオススメです。

 

ルイボスティーの健康効果については、痛風の原因となるキサンチンオキシダーゼの働きを弱めることが確認されています。

 

ただ、この働きは試験管レベルの実験の話で、実際の人体でどのような効果があるかは不明です。

 

ルイボスティーにはほのかな甘みがあります。

 

そのために、普段紅茶やコーヒーに砂糖をたっぷり入れて飲んだりしている場合は、ルイボスティーを飲むようにするだけでもダイエット効果を感じられるかもしれません。

 

ただ、どのハーブティーもそうですが、飲むだけで痩せるような効果はありませんので、あまり過剰な期待はしないでくださいね。

 

【カモミールティー】

 

このお茶も私が好きなハーブティーの一つです。

 

カモミールはきく科の一年草で、マーガレットのように、黄色くこんもりとした花柱の周りに細く白い花びらを付けます。

 

「カモミール」の語源は「大地のリンゴ」という意味のギリシア語に由来しています。

 

その名前の由来のように、カモミールティーもほのかにリンゴの香りがします。

 

花言葉は「逆境に耐える力」です。

 

私はこの花言葉を知ってから、つらいことがあるとカモミールティーを飲んで自分を励ますようになりました。

 

お茶の色は明るく透明な黄色です。

 

味もほかの2つのお茶とは違いフルーティな味がします。

 

人によって好き嫌いは分かれるかもしれません。

 

カモミールティには、安眠やリラクゼーション効果があるといわれています。

 

直接的なダイエット効果は期待できませんが、ストレスを和らげてくれるので、ストレス性の暴飲暴食などを未然に防ぐようなことはできるかもしれません。

 

最後に3種のハーブティそれぞれ1杯分の糖質量を挙げておきますね。

 

1.ペパーミントティー(200ml)=0.2g

2.ルイボスティー(200ml)=0.1g

3.カモミールティー(200ml)=0.2g

 

お茶ですので、ノンシュガーで飲む分には糖質量が低く安心です。

 

今日は低糖質で健康的な飲み物として、ハーブティーのオススメ3つをお伝えしました。

 

ダイエット中にも安心して飲めるので、スーパーなどで見かけたらぜひ試してみてください。

 

それでは。

 

-出海 肇

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)