無理せず続けられる!基本的なダイエットのコツ

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
diet-trainig-effect

From:花田 恵利香

こんにちは

花田です。

あなたはテレビのダイエット特集などよく観ますか?

今やあちこちのテレビ番組でダイエット特集を取り上げていますよね。

先日も、3か月かけて体重ー4.2kgの減量に成功した男性が紹介されていました。

そのダイエット法の中で「ここをこうすれば更に効果的なのに…」と感じた点がいくつかあったのであなたと共有したいと思います。

それでは一緒に見ていきましょう。

 

番組に取り上げられていたこの男性(Aさんとします)の場合は、健診で糖尿病の危険性が高いと言われ、健康のためにダイエットを実践したとのことなので目標設定はゆるめです。

ダイエットを実践したAさん(52歳・身長175cm)

3か月後の体重は101.2kgから97kgにー4.2kg減(4%減)しました。

ここでちょっと健康への効果を見てみましょう。

特定健診でメタボと診断された約3400人を対象にしたこんなデータがあります。

メタボ患者が6か月で3〜5%減量した結果、平均で以下の数値が下がりました。

・血圧が-4〜5mmHg下がった

・悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールが-4mg/dL下がった

・血糖が-2mg/dL下がった

上記以外にも肝機能や尿酸値も良くなったそうです。

4%の減量でも数値が下がるなど、身体に様々な良い影響が出てくることが分かりますね。

さきほどの男性の場合も血糖値が下がり、正常範囲内に収まったとのことです。

さて、それではAさんがどんなダイエットをしていたのか見ていきましょう。

 

ポイントはこちらの4つです。

1・間食を減らす

2・コーヒーはブラックに変更

3・お酒を減らす

4・野菜を摂る

それでは解説と合わせて「さらに効果アップさせるコツ」をお伝えしますね。

 

1・間食を減らす

Aさんは「これまでは毎日食べていたポテチやおせんべいなどの間食を、お腹が減って仕方ない時以外はとらないようにした」ようなんですね。

もっと効果的なやり方として、今まで食べていたおやつなどを糖質の低いものに変えるだけでもかなりダイエット効果が期待できます。

こちらは私たちが日頃よりお伝えしている、糖質コントロール方法ですね。

どういうことかと言うと、

ポテチやおせんべい→ナッツ類

アイスクリーム→無糖や低糖のフローズンヨーグルト

果物類→アボカドやチーズ

のような感じで糖質の低い食品に置き換えるのです。

まったく同じというわけではありませんが、空腹感はまぎれてある程度の満足感も得られると思います。

キシリトールガムなども気がまぎれますし、私は納豆だけ間食用に食べたりもしますのでオススメです♪

 

2・コーヒーはブラックに変更

「毎日数回飲んでいた微糖コーヒーをブラックに変えた」というのは私たちもオススメしている糖質コントロール方法なのでGOODです!

「微糖」と書いてあっても1缶あたり8.9gの糖質が含まれている製品もありますから、できる限りコーヒーは無糖を選びたいですね。

 

3・お酒を減らす

Aさんは「夕食時によく飲んでいたビールなどのお酒を、人に誘われた時以外は飲まないようにした」ようです。

ここでも糖質コントロールワンポイントです。

Aさんがよく飲んでいたビール、あるいは日本酒といった糖質量の高い醸造酒を、ウィスキーや焼酎といった糖質量の低い蒸留酒に変えるだけでもダイエット効果は出やすくなります。

なので、どうしてもお酒を飲みたい場合は切り替えることをオススメします。

ハイボールなども低糖質で人気なお酒ですよね!

 

4・野菜を摂る

Aさんは「今まで全く意識していなかった野菜を毎日1食、コンビニのサラダなどで食べるようにした。サラダなどは飽きないようにドレッシングを変えたり、チキンやツナを混ぜるなどの工夫をした」そうです。

葉物野菜は大切ですよね。
この場合も、糖質の多いドレッシングをドバドバかけるのではなく、自分で作るといいですよ!

ちなみに私がよく作る低糖質ドレッシングはこちらです

・オリーブオイル(たっぷり)
・塩(少々)
・粒マスタード(お好みの量)
・あらびきガーリック(お好みの量)

私は粒マスタードたっぷりがお気に入り♪
よければぜひお試しください。

 

Aさんは以上のような、食生活を見直したダイエットを実践していましたが、その他に大切なのは適度な運動です。

脂肪が多く筋肉が少ないと怪我もしやすく、代謝も悪くなるため、さらに太りやすい体質になってしまいます。

ジムなどのトレーニングの他にも日常生活で「ながら運動」を実施するだけでもエネルギー消費につながりますので、家の中でも積極的に動くことを心がけてくださいね。

ちょっと切ない話になりますが…食事も若い頃と同じ量を食べていては肥満の原因になります。

基礎代謝量(何もせずじっとしていても消費されるエネルギー量)は年齢とともに下がっていきます。
年齢とともに代謝量に関しては不利になってくるわけなので、食事量に気を使うことも心がけてください。

まとめ

・おかしなどの間食は低糖質なもので置き換えよう

・飲み物は無糖のものへ変更しよう、お酒なら蒸留酒に変更しよう

・葉物野菜は積極的に摂ろう

・日常生活に運動を取り込もう

・食事量に気を付けよう

 

今日ご紹介したことは、いつもメルマガを読んでくださっている場合には当たり前の知識になりますが、基本的なダイエットのコツにもつながりますので、ぜひ参考になさってください。

それでは、また。

ありがとうございました。

-花田 恵利香

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)