間違ったダイエット方法で時間と労力を無駄にするのはやめよう!

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:花田 恵利香

 

こんにちは

 

花田です。

 

「ダイエットをしても全然続かない」という人に、どんなダイエット法を試したのかと聞くと「ご飯を食べない!」と言いつつ、お菓子は食べていたりとか…(笑)

 

知識がないまま間違ったダイエット法を実践してしまう人が多いんですよね。

 

ダイエットを大きく左右する食事法は、コツさえ掴んでしまえば自分で判断し、コントロールできるようになります。

 

何の食材を控えるべきか、何の食材を積極的に摂取するべきか、それさえ頭に置いておけばもっとダイエットが身近なものになるはずです。

 

今日はいつも私たちのメルマガを読んで頂いている場合にはおさらいになりますが、改めて基本的な糖質コントロールのコツをしっかり頭に入れていきましょう!

 

ラーメン、うどん、カレー、ハンバーガー、ピザ、パスタ…確かに美味しい炭水化物メニューはたくさんありますよね(苦笑)

 

そのため現代人は無意識のうちに糖質過多になりがちです。

 

私たちが推奨している1日の糖質量の目安【体重(kg)×1g】でしたね。

 

糖質も適切な量を摂取する事はエネルギー源となるため、身体にとって必要不可欠です。

 

ただ、必要以上に糖質を摂り過ぎてしまうことや、運動不足により肥満につながってしまうので気をつけないといけません。

 

明らかに砂糖が入っているお菓子やデザートなどは自分でも「これはかなり糖質が高いぞ…」と分かると思いますが、中には意外な食材が高糖質だったり、逆に低糖質だったりします。

 

まずはざっくりとでも高糖質食材と低糖質食材を頭に入れておけば、何を選んで何を避けるべきかコツが掴めるはずです。

 

それではチェックしてみましょう。

糖質が低い食材(積極的に摂りたい食材)

  • 豆、大豆加工品(納豆、豆腐、厚揚げ、おから、油揚げ、無調整豆乳など)
  • バター
  • マヨネーズ
  • 良質な油(オリーブオイルなど)
  • 野菜類(※いもや根菜以外)
  • 海藻
  • きのこ
  • チーズ
  • 種実類(アーモンド、ナッツ類、ごま、松の実)
  • こんにゃく、しらたき
  • お茶類、ブラックコーヒー、焼酎、ウィスキーなど
  • アボカド

糖質が高い食材(避けたい食材)

  • ごはん、めん類、パスタ、パンなど(炭水化物)
  • 小麦粉、小麦粉を含む加工品(カレールウ、ギョーザの皮など)
  • いもや根菜
  • 砂糖菓子やドライフルーツ
  • 市販の野菜ジュースやフルーツジュース(砂糖や人工甘味料の入った飲料)

 

この高糖質食材と低糖質食材を頭に入れておけば、外食の際も、コンビニでも、毎日のお弁当作りなどにも活用できますよね。

 

あ、これ小麦粉で作られてるものだよな…とか、購入前や注文する前に一度考えてみてください。

 

あとは、お店で食品を購入する時に、栄養成分表示などを確認するようにクセ付けてください。

 

糖質量が載っていれば目安になります。

 

糖質量の記載が無い場合、炭水化物から食物繊維を引くと糖質になります。

 

【炭水化物-食物繊維=糖質量】

 

そして何より糖質を摂取したら運動することがダイエットの近道であり、あなたの健康維持の源になります。

 

上手に糖質コントロールをして、運動を習慣付けてくださいね。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-花田 恵利香

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)