「デブ菌」を減らすキャベツの食べ方はコレ!

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:花田 恵利香

 

こんにちは

 

酢の物大好き花田です。

 

以前ご紹介した「酢納豆」私の中ですっかり定番となっており、もう納豆に酢が入っていないと物足りなくなってしまいました。

 

そしてお酢の酸味のおかげでご飯と共に食べることも無くなり、糖質コントロール的には大助かりしています♪

 

そんなお酢が大好きな花田より本日ご紹介させて頂くのは「酢キャベツ」でございます。

 

「なんでも酢を付けりゃあ良いってもんじゃない」なんて思われていたら、ちょっと待ってください!

 

ちゃんと専門家が薦めている「デブ菌」を減らし、「ヤセ菌」を増やすダイエットに最適な組み合わせなんです。

 

それでは早速説明していきますね。

 

もともとこの酢キャベツのダイエット効果を提唱したのは、医学博士の藤田紘一郎先生です。(テレビでもたまにお見かけします)

 

先生によると酢キャベツは、太りやすい体質から痩せやすい体質に変えてくれる、腸内環境改善の切り札とのことです。

 

太りやすい体質の人は、腸内にいる「デブ菌」という腸内細菌が増え過ぎている可能性があります。

(ストレートなニックネーム過ぎてグサッと刺さりますね…)

 

「デブ菌」とは…フィルミクテス門菌という腸内細菌の一つです。

 

このいわゆるデブ菌は、脂肪や糖分をため込む性質があります。

腸内にデブ菌が増え過ぎると、大量のエネルギーを吸収し、太りやすい体質になってしまうのです。

 

一方、「ヤセ菌」とは…バクテロイデス門菌と呼ばれる腸内細菌の一つです。

 

デブ菌とは反対に、脂肪を燃焼してくれる性質を持ちます。

 

つまり、痩せ体質になるためには、デブ菌を減らし、ヤセ菌が増える環境に腸内を整えてあげればいいわけです。

 

デブ菌の大好物は、食物繊維が少なく、高脂肪・高糖質の食品です。

 

一方、ヤセ菌は反対に、食物繊維が多く、低脂肪・低糖質の食品を好みます。

 

そこで有効なのが、酢キャベツです。

 

お酢のうれしい効果

 

食後の急激な血糖値上昇を抑制したり、血圧を下げたりすることがわかっています。

 

また、お酢に含まれる酢酸は、腸内の酸性度を上げて、善玉菌が活動しやすい環境に整えてくれます。

 

脂肪と糖質はほとんど含まれていません。

 

キャベツのうれしい効果

 

キャベツは、活性酸素(病気や老化の元凶物質)を消去する抗酸化作用が強い点が特長です。

 

また、キャベツには、善玉菌を増やす食物繊維が豊富に含まれています。

 

こちらも、脂肪と糖質はほとんど含まれていません。

 

まさに酢とキャベツは、デブ菌を減らしてヤセ菌を増やす理想的な組み合わせなわけです。

 

そしてダイエットにはもちろん、生活習慣病にも効果があることが分かりますね。

 

酢キャベツの作り方

 

酢キャベツの作り方はいたって簡単です。

 

さっそく作ってみましょう!

 

<材料>

 

・キャベツ…1/2個(450~500g)

 

・酢…200~300ml(容器の大きさにより調整)

※穀物酢、米酢、黒酢、リンゴ酢、ワインビネガーなど、お好みの物でOK。

 

<手順>

 

1・水気を切ったキャベツを千切りにします。

 (濡れていたらよく乾かしてくださいね。)

 

2・ジップ付きの保存袋(ジップロックなど)に千切りしたキャベツを入れる。

(保存袋は2袋くらいに分けると使い勝手がいいですよ。)

 

3・キャベツが完全に漬かる程度まで酢を注ぐ。

 

4・保存袋の空気をしっかり抜いて密閉する。

 

5・冷蔵庫保存でOK!

 

だいたい漬けてから10日後くらいが食べごろになります。

 

その後2~3週は日持ちしますが、毎回取り出す際は清潔なお箸などをご使用ください。

 

<食べ方と注意点>

 

・食前に食べたり、毎日少しずつ食事に取り入れてください。

 

 ※胃腸の弱い人は少量から始めてみてくださいね。

 

・サラダや漬物感覚でそのまま食べても美味しいですが、スープや煮物に入れたり、炒め物に加えたりなどもOKです。

 

・酸味が苦手な場合は、一度加熱して冷まして食べてみてください。

 

・漬けたあとの酢は、4~5倍に薄めて飲んだり、ドレッシングに入れたりすると無駄なく使えますよ。

 

ちなみに発案者の藤田紘一郎先生は過去に2度、重度の糖尿病を患ったそうなんです。

 

その際「酢キャベツ」(小皿1杯分(約100g))を食前に摂るようにしたところ、血糖値はみるみる下がり安定し、体重も-15kg落ちたそうです。

 

キャベツ100gであれば、糖質量も3.4gと低いので安心ですよね。

 

さらに酢キャベツを続けた先生は、中性脂肪値も基準値内に収まり、痛風や脂肪肝といった持病の数々も軽快し、健康状態が格段に向上したとのことです。

 

毎食、食事の前に酢キャベツを食べていただけで、ダイエットにも健康状態の改善にもつながるなんて嬉しいかぎりですよね。

 

ベジファーストで酢キャベツを食べて、痩せやすい体質を目指しましょう!

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-花田 恵利香

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)