ウエストがゴムの服は今すぐ封印してください。

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:花田 恵利香

 

こんにちは

 

花田です。

 

穿いてたスキニージーンズのウエスト部分がゆるくなってきたので先日買い換えました。

 

冬に購入して「ちょいキツイな」と思っていたのですが、こぶし1個分余裕ができていたんです。

 

この手の理由で新しい服を買うのは嬉しいかぎりです。

 

日頃の筋トレや糖質コントロールが実を結んでいるんだな、と実感できます。

 

とは言っても決して無理なダイエットをしている感覚はありません。

 

今日はその点も含めてダイエットに関する意識的なお話をしてみますね。

 

いつもみたいに、さぁ~この筋トレやってみましょう!とは言い出しませんので、気楽な気持ちで読んでみてください。

 

運動する時間を決めときましょう

 

冒頭に「無理なダイエットをしている感覚はありません」とお話しました。

 

糖質コントロールは知識を付ければコツが掴みやすいので、ちょっと気を使えば良いだけです。

 

継続的な運動や筋トレは、メリハリボディを作るうえではもちろんのこと、自律神経を整えたり、ストレス発散や、質の良い睡眠のためにも欠かせません。

 

実際、トレーニング後の爽快感ったらないです。

 

ジム通いに関してもハードなトレーニングをしている感覚は無いのですが…ただ…

 

家を出るまでが億劫なんですよね!

 

パーソナルジムなどで時間を予約なりしているのが一番良いんですが、そうでもないと自分で動き出さないことには始まりません。

 

たしかに休日、家でダラダラしたい時もあります。

 

そんな時は前もって「〇時に家を出る!」と決めておきましょう。

 

面倒くさがっても良いから無理にでも動いて、決まった時間に家を出てジムなり、ジョギングなりに向かいましょう。

 

学校や仕事に行く感覚と一緒です。

 

私の中ではお風呂も同じ感覚です。

 

入るまでが面倒くさいけど、出る時には爽快!リフレッシュ!と感じます。

 

目指す体型を常にチェック

 

ボディメイクするにあたって、人それぞれ目指す体型は違うと思います。

 

モデルさんや芸能人etc…あなたの目標とする体型は誰ですか?

 

理想像である「なりたい体型の人物」を目につくところに置いておき、モチベーションを上げることもダイエットのためには重要と言えます。

 

その理想像と全身鏡に映る自分の体型を見比べながら、「どんどん近づけてやるぞ~」と頻繁にボディチェックを行い、自分の身体を分析してみてください。

 

私の場合「ヴィクトリアズシークレット」という下着で有名なブランドの「エンジェル」と言われるモデル達の体型がどストライクなんです。

 

過去にはミランダ・カーもエンジェルの一員でした。

 

エンジェルメンバーは細いだけのモデル達ではなく、まさに女性特有のメリハリラインと筋肉美が美しいんです。

 

インスタグラムでフォローして、常にダイエットへのモチベーションアップと目の保養をさせてもらってます。

 

身体を服のサイズに合わせてくスタンス

 

私は以前服屋の店員をしていたのですが、もしお客様がご試着後、2サイズのジーンズで悩んでいたら必ずこう言ってました。

 

「絶対小さい方です」

 

そもそもデニムって穿いてくうちに身体に合わせて伸びてくるものなんです。

 

最初から緩い方を選んでしまうとウェストがすぐガバガバになってしまいます。

 

それに、小さいサイズの方が脚全体の細見え効果も絶大です。

 

ただ、買ったばかりのときはご飯を食べるとウエストが苦しくなりますよね。

 

そこが良いんです。

 

食べ過ぎ防止につながります。

 

あとジーンズって硬くてキツイ分、お肉が圧迫されると思います。

 

この緊張状態が大事なんです。

 

私の場合なんですが、ちょっとでも(あ…ウエストにお腹のお肉が乗ってるな…)と思ったら自然とドローイング(←お腹をへこませて通常通り呼吸をしながら一定時間過ごす)をしようと思えるんです。

 

こういったことを自然とやろうと思えるのもタイトジーンズのメリットだったりします。

 

それを踏まえておススメできないのが「ウエストがゴムなどのラクな服装」です。

 

こちら、ダイエッターにはNGワードローブです。

 

締め付けの無いゆるい服装は、緊張感が無くなる分姿勢が悪くなる要因にも繋がります。

 

さらにウエストがゴムなどのラクな服装だと、無駄なお肉が増えていることに気付けないことが多いんです。

 

気付かぬうちに付いている脂肪に対して「どうぞお入んなさい」状態になってしまいます。

 

「ウエストはここ!くびれを付けたい位置はここなのよ!」と身体に意識させながら、自分でも脂肪の増減を敏感に察知できるようにしていきましょう。

 

ラクした分だけ脂肪は付くし、意識した分だけまわりと差をつけられます。

 

意識を変えるためにウエストがゴムの服は今すぐ封印してください。

 

「自分の体型に合った服を選ぶのではなく、着たい服に合わせた身体を作る」ということを心掛けてみましょう。

 

そんなわけで今日は大きく3つに分けて、私が実行しているダイエットへの考え方や取り組み方をお話させていただきました。

 

無理なく意識できて、効果も実感しているので、ちょっとでもあなたのダイエットのお役に立てれば嬉しいです。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-花田 恵利香

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。