残すことも勇気!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:花田 恵利香

 

こんにちは

 

花田です。

 

先日、友人と外食をしていた時のことです。

 

「ある程度お腹は満たされたけど…残すの勿体ないから食べちゃおう」とフライドポテトを頬張る友人に思わずこう言いました。

 

「残すことも勇気だよ!」

 

気持ちはとてもよく分かります。

 

人が作ってくれたものを残すのは罪悪感もありますよね。

 

でもお腹いっぱい食べることはその分デメリットも増えるんです。

 

やはり一番良いのは「腹八分目」であること。

 

ダイエットにおいても、健康面においても、美容面でも「腹八分目」であることのメリットは計り知れません。

 

1990年に行われた、東海大学医学部・橋本一男教授と田爪正気講師らの実験でこんな結果が報告されています。

 

A:食事を食べ放題にしたマウス……平均寿命74週

B:食事量を80%に抑えたマウス……平均寿命122週

 

このように、食事の量を一定量に制限されたマウスのほうが、1.6倍強も長生きしたという実験結果があるんですね。

 

あくまでこちらはマウスでの実験結果になりますが、人間においても「食べたいものを食べたいだけ食べる」という食習慣はデメリットがたくさんあります。

 

お腹いっぱい食べてしまってしばらく動けない…なんて経験は人間誰しもあると思います。

 

そんな時、私たちの身体に起こるデメリットを見てみましょう。

 

腹八分目に止められず、お腹いっぱい食べてしまった時のデメリット

 

そもそも満腹になるまで食べるということは、それだけ食事量が多くなってしまっているということですね。

 

満腹になるまで食べてしまうと、脂肪や油分などを多く摂取してしまうだけでなく、胃腸は大量の消化活動にてんやわんやしてしまい、脂肪の燃焼が追いつかなくなってしまいます

 

つまりは、食べたものをエネルギーに変換したり、脂肪を栄養に換えたりする働きが衰えるため、太りやすくなってしまうんです。

 

美容面でもこんなデメリットがあります。

 

大量の食べ物を消化しなければいけない!と胃腸などの消化器官に血液が集中します。

 

そのため、肌などにまわる血液が滞るため、血行不良になりやすくなってしまうんです。

 

血行不良になると…

・老廃物の蓄積

・シミ

・しわ

・たるみ

・肌荒れ

・新陳代謝の乱れ

など美容面においてもデメリットとなります。

 

その他にも、食べ過ぎは便秘や下痢の原因になったり、気持ちが悪くなったりと、心身ともにストレスも大きいですよね。

 

特に便秘は体重増加にも繋がってしまうため、ダイエッターには深刻な悩みです。

 

満腹感ではなく満足感を得るための食事法

 

それでは、お腹いっぱい食べるのではなく、腹八分目で満足感を得やすい食事法をチェックしていきましょう。

 

1・よく噛む

 

噛む回数の理想は最低30回と言われています。

 

まずは普段なかなか数えることのない自分の咀嚼回数を測ってみましょう。

 

そしてしばらくは咀嚼数を数えて、30回以上噛む感覚を身につけていきましょう。

 

よく噛むという刺激で、満腹中枢を活発にさせる効果があります。

 

2・スープから頂く

 

食事の順番ですが、まずはスープから頂くことで、その後の食べ過ぎのストッパーになってくれます。

 

ある程度お腹にたまる汁物から飲むことで、早食いをしないための余裕に繋がりますから、そのあとはしっかり噛んで味わうことができますね。

 

スープ→食物繊維(サラダ)→タンパク質(肉や魚など)→炭水化物とゆっくり食べて、炭水化物に行きつく頃には「もう満足だな」と思えたら、あなたは食欲を制したも同然です。

 

3・小皿に取り分ける

 

これはちょっと脳をだます方法です。

 

食事の際、なるべく多くの品目を用意したら、それを小さめのお皿にいくつか盛りつけてみてください。

 

小皿に取り分けて食べることで「(小さいお皿でも)1皿分を平らげた」という事実から、それをいくつか平らげていくと「たくさん食べた」と脳が達成感を覚えるんですね。

 

少ない量でも満足感を味わうことができる食事法になります。

 

4・ちょこちょこお箸を置く

 

こちらもよく噛むことに通じることですが、次から次へと食べ物を口に放り込んでいては早食いにも繋がりますし、満腹中枢が活動を起こす前に食事が終わってしまいます。

 

そのためにもずっとお箸を持ちっぱなしにするのではなく、ちょこちょこお箸を置くことが習慣付くと素晴らしいですよね。

 

私のように一人暮らしの場合、みんなで食事をする機会はとっても重要です。

 

お話をしながらゆっくり食べることができますし、誰かが話し始めたり、自分が話し始めたりする時には自然とお箸を置くことができます。

 

私もこれをなるべく一人でご飯を食べる時にも活かしたくて、一口食べてはお箸を置いてよく噛むことを意識しています。

 

時間をかけて満腹中枢を刺激することで、食事を腹八分目で切り上げることができますよ。

 

いかがでしたでしょうか。

 

外食の際「残すことも勇気だよ!」と始まった今日のメルマガでしたが、私たちがそんな話をしていた矢先、店員さんが声を掛けてきました。

 

「良かったらお持ち帰り用に包みましょうか?」

 

ハッ…!その手があったか…!(私たちの心の声)

 

あなたも外食の際には、「残す勇気」と共に「持ち帰り用にできるか聞く勇気」も胸に秘めて訪れてみてはいかがでしょうか。

 

一緒に腹八分目を制して、ダイエットを制しましょう!

 

今日のメルマガがあなたのダイエットのお役に立てば幸いです。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-花田 恵利香

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)