頭に入れておこう!ダイエットの基本知識

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:花田 恵利香

 

こんにちは

 

花田です。

 

先日、会社帰りに電車に乗り込んだ時の話です。

 

一瞬何が起こったのか分からなかったのですが、私の右足からパンプスが無くなっていました。

 

乗り込んだ時にホームと電車のすき間に落ちてしまったのです。

 

しまった!と思い、慌てて電車から降りて、とりあえずこの電車を見送ろうとしました。

 

何人の乗客が私のこの状況を見ていたかは分かりませんが猛烈に恥ずかしいです。

 

裸足の右足にホームの冷たさと人々の視線が突き刺さります。

 

そんな中、私の様子を見ていた一人の女性がスッと電車から降りて声をかけてくださいました。

 

「駅員さん呼んでくるのでここにいてくださいね!」

 

その女性は上階の事務室まで行って駅員さんを連れてきてくれました。

 

そして無事パンプスが戻ってきたのです。

 

私が厚く御礼申し上げると、「その足で駅員さんを探すのは恥ずかしいはずだからお役に立てて良かったですよ」とニッコリ。

 

こんな女神様のような方がいるなんて…と目頭が熱くなりました。

 

そして一緒に電車に乗り込み、ちょっとお話をさせて頂いたのですが、やっとこのへんからいつものメルマガらしくなってきます(笑)すみません、私の話を長々と。

 

その女性は乗換ついでにいつも1駅分歩いているとのことでした。

 

現代人は「日常生活の身体活動」がどんどん少なくなっている傾向にあります。

 

「人が1日にどのくらい歩くか」の平均値を厚生労働省が出していますが、平成15年と29年の数値を比較するとこのようになります。

 

1日の歩数の平均値(対象は20歳以上)

 

平成15年…男性:7503歩  女性:6762歩

 

平成29年…男性:6846歩  女性:5867歩

 

どんどん歩かなくなっている現代人は、昔に比べて基礎代謝量も少なくなっていることが考えられます。

 

もっと日頃からちょこまか動いて血液循環を良くし、代謝を上げることが大切になってくるわけなんです。

 

そういったことから毎日1駅分歩くという女性の日常の運動活動の取り組みは見習うべきですよね。

 

日常の運動活動を上げるという意味では、積極的に階段を使うこともオススメです。

 

ここからは、ついつい忘れがちなダイエットの基本知識を3つお伝えしますね。

 

いつもを私たちのメルマガをご覧頂いている場合には、おさらいがてら読んでみてください。

 

ダイエットの基本知識

 

1・早食いは肥満の元

 

脳が満腹感を感じる前にいっぱい食べてしまう「早食い」は肥満の原因になります。

 

食事はよく噛んでゆっくり摂るように心がけましょう。

 

私は「15分以上かけて食べる」ということを意識しています。

 

2・夜は太りやすい

 

昼間は骨格筋も消化器官も活発に活動しています。

 

ただ、夜になるにつれて代謝レベルも落ちてくるんです。

 

夜遅くに食事をしてすぐ寝たりすると、消化器官が一生懸命はたらく代わりに成長ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。

 

そうすると脂肪が減らずに、余ったカロリーが蓄積される要因となってしまうんです。

 

夜ご飯の量は少なめを心がけて、就寝の2時間前には終わらせるようにしましょう。

 

3・1日3~6食の食事がオススメ

 

朝食や昼食を抜く1日2食の食事は「太りやすい食べ方」と言われています。

 

1日の摂取量を6回などに分けて、空腹時間を少なくすることが痩せるコツとなります。

 

空腹時の栄養吸収率は激しく、炭水化物などを摂る場合は血糖値が急上昇してしまいます。

 

この血糖値の急上昇が脂肪増加の原因となってしまうんです。

 

というわけで、今日はついつい忘れがちなダイエットの基本知識をお伝えしました。

 

お仕事がデスクワークの場合などは、日頃からちょこまか動いて血液循環を良くし、代謝を上げるという日常のちょっとした運動を意識してみてくださいね。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-花田 恵利香

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。