「酢納豆」は糖質コントロールダイエットの強い味方!

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:花田 恵利香

 

こんにちは

 

花田です。

 

私は幼い頃から納豆が大好きで、我が家の食卓には必ずと言っていいほど納豆がありました。

 

今まで色んな種類の納豆を食べてきましたが、私の現在のお気に入りは「まろやか旨味ミニ3(おかめ納豆)」です。

 

ちょっと甘めのタレも美味しく、ネバネバシート(透明の皮膜)も納豆にくっ付いていないのでストレスフリーなんです。

 

最近は納豆の種類がたくさんあるため、スーパーでいつも迷ってしまうので、あなたのお気に入りもぜひ教えてほしいです

 

納豆は糖質コントロール中にもかなりオススメの食材です。

 

低糖質・高タンパクな上にダイエット時に嬉しい栄養素が多いからです。

 

そんな納豆ですが、最近テレビや書籍でも取り上げられ、じわじわと話題になっている「酢納豆」というダイエット食をご存知ですか?

 

今日は納豆が苦手な方にも食べやすくて、しかもダイエットに良いと噂の「酢納豆」をご紹介したいと思います。

 

まずは「納豆」に含まれる主な栄養素を見ていきましょう。

 

  • タンパク質(筋肉や臓器を作ったり、体のエネルギーになる)
  • ビタミンB2(肌や粘膜の健康を保ち、脂質代謝を促す)
  • ビタミンB6(免疫機能を健全に保つ)
  • 食物繊維(腸の健康を保ち便秘を防ぐ)
  • カリウム(血圧を下げ、筋肉や心筋の活動を正常に保つ)
  • 鉄分(鉄欠乏による立ち眩みやめまいから守る)
  • カルシウム(イライラを防ぎ、骨や歯の形成を助ける)
  • マグネシウム(エネルギーの代謝を助け、動脈硬化を防ぐ)

 

ざっと見ただけでも栄養素がたっぷりだという事が分かりますね。

 

低カロリー高タンパクであり、代謝をアップさせるビタミンB群が含まれていて、便秘解消効果のある食物繊維も嬉しいところ!

 

また、納豆特有の成分として特に注目されているのがナットウキナーゼです。

 

これは大豆を納豆菌で発酵させることによって生まれる酵素で、大豆には含まれていません。

 

ナットウキナーゼには血行を促進する作用があり、血液サラサラ効果と代謝アップに役立つと言われています。

 

目の血流も良くなることで、視力改善や老眼対策にも繋がるようです。

 

さらに納豆に含まれる大豆サポニンには、糖質や脂質の吸収を抑える働きがあると言われているため、糖質コントロールに嬉しい食材と言えるのです。

 

さて!

 

今日ご紹介するのは、そんな納豆に「酢」を加えた「酢納豆」です。

 

作り方はいたって簡単。

 

納豆に大さじ1/2~1杯の酢だけ加えて混ぜ合わせればOKです。

 

食べ方は、付属のタレも入れるパターンと、タレは入れずに酢だけを入れるパターンがあります。

 

※納豆の栄養成分は製品によっても異なりますが、文部科学省の食品成分データベースで一般的な納豆100gあたりの糖質量は5.4gとされています。

 

納豆1パックの内容量は40~50g程度ですから、糖質量は2.2~2.7g程度となります。

 

お酢を一般的な穀物酢とすると、糖質量は大さじ1/2杯で約0.2g、大さじ1杯で約0.4gです。

 

納豆1パックを酢納豆にしても、糖質量は3gも行かないということになります。

 

これなら、糖質コントロール中も安心して食べられますね。

 

納豆もお酢も実際の栄養成分は製品によって異なりますから、目安として考えてくださいね。

 

この「酢納豆」について、ネットでは…

 

「においが気にならない! 」

 

「フワフワトロトロになって食べやすい! 」

 

「いつもみたいにご飯が欲しくならなかった」

 

「意外とおなかがふくれる」

 

なんて声が出ていました。

 

中には納豆が苦手な人も「酢納豆」なら食べられた、という声もありましたよ。

 

私はタレは入れずに酢だけを入れるパターンを試してみたんですが、混ぜ始めてすぐ白っぽくふわふわのメレンゲのような状態になりました。

 

納豆特有のにおいも控えめになっていたので、これなら納豆のにおいが苦手な人にもオススメできそうです。

 

食べてみるとほんのり酢の味がして、いつものタレを入れて食べる納豆に比べるとかなりサッパリ味です。(苦手であればタレを入れてみてください)

 

そのため、たしかに私もいつものように白飯の上にかけて食べたい!とは思いませんでした。

 

ネバネバ糸も切れやすく、食べやすいので、充分単品で食べられます。

 

バクバク食べる感じではないので、何だか久々に大豆本来の味をゆっくりしっかり味わいつつ、よく噛みながら食べたな、と思いました。

 

よく噛んで食べる事で顎をシャープにする小顔効果も狙えそうです。

 

ちなみにフリーアナウンサーの福澤 朗さんも、健康とダイエットのために、糖質コントロールに取り組んでいるようです。

 

テレビ局で出されるお弁当の白飯を、半分残すようにしていたらしいのですが、

 

「夜ご飯に大好きな納豆を山盛りの白飯で食べたいな…でも糖質が…」

 

と悩んでいた時に「酢納豆」に出逢ったようで、体験談を見つけました。

 

「酢納豆は、ご飯にかけるより単独で食べるのに向いています。酢の物のようなので、白飯が欲しくなりません。そして、意外とおなかがふくれるので、白飯がなくても大満足です。」(福澤 朗さん談)

 

酢納豆はそれだけで満足感があり、結果的に炭水化物を摂らなくても満足しやすい=つまり自然と糖質コントロールが行えてしまう、というのが嬉しい点ですよね。

 

最後に食べ方のコツと注意点もお伝えしますね。

 

<糖質コントロール中の食べ方のコツ>

 

・食事前に酢納豆だけ食べてみよう。

 

上にあげた感想にもあるように、酢納豆は単独で食べるのに向いています。

 

一緒に炭水化物を食べたい!という気持ちが自然と抑えられ、食べ過ぎ予防と糖質コントロールに一役買います。

 

・夕食に食べよう。

 

ナットウキナーゼの血液をサラサラにする効果を先ほどお話しましたが、ナットウキナーゼが効果を発揮する時間は、食後から12時間と言われています。

 

夕食に食べれば寝ている間に血液はサラサラ、血流、代謝ともにアップし、むくみ防止にもつながるので、ダイエットのおともに最適というわけですね。

 

<注意点>

 

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、適量であれば体の調子を整えてくれます。

 

ですが、過剰摂取は、生理周期が乱れるなどの不調をきたすことがあるため、1日1~2パックを目安にしてくださいね。

 

そんなわけで今日はダイエットにイイという「酢納豆」をご紹介しました。

 

普段の納豆に酢を入れるだけで出来ちゃうカンタンなものですから、試してみてはいかがでしょうか?

 

私も今までは「納豆ご飯で一杯食べちゃっておかず残ったから白飯おかわりしよう~」なんて言い訳がましい事をしてたのですが、これで解消できそうです。

 

あなたの糖質コントロールにも役立てば幸いです。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

花田 恵利香

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)