「紙コップダイエット」ってなに?

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:花田 恵利香

 

こんにちは

 

花田です。

 

ちょっと懐かしい話になりますが、「冬のソナタ」などで日本に火がついた韓流ブームから、もう15年ほど経つんですって!

 

月日が経つのは本当に早いですね。

 

今でもなお、韓国のトレンドは日本で毎回話題になっています。

 

私も韓国グルメ、K-POP、韓国コスメなど気になるものがいっぱいあります。

 

韓国の女の子達は特に美への意識が高い事でも有名です。

 

そんな韓国のダイエッター達が実践している、とあるダイエット方法を目にしました。

 

それが「紙コップダイエット」です。

 

今日は、韓国発祥の紙コップダイエット法ご紹介します。

 

紙コップダイエットとは?

 

3食しっかり食べてキレイに痩せるダイエット方法です。

 

1食につき、用意するのは紙コップ3個

 

その中に「炭水化物」「タンパク質」「野菜」をそれぞれ分けて食べるだけ。

 

一般的な紙コップの大きさがだいたい205mlくらいですから、要するに、全体の食事量を減らし、食べ過ぎを防いで、バランス良く食べる目的があるわけですね。

 

でもまぁ韓国のダイエッター達のように、そこまで全体の量を減らしてストイックにならなくても大丈夫です。

 

糖質コントロールに関しては、炭水化物を紙コップ半分の量にするだけで充分効果があります。

 

食べ方のコツは、炭水化物だけ紙コップ半分の量にして、最後に食べる事を意識すれば、いつもの炭水化物の摂取量を半減できます。

 

ご飯を紙コップ1杯分ギッチリ入れたとして約150gとなり、糖質量が55.2gになります。

 

紙コップ半分の量にすれば、約75gとなり、糖質量は27.6gに減らす事ができます。

 

ただ、私たちが推奨する糖質コントロールダイエットでは、1日の糖質摂取量目安を

体重×1(g)以内

とお伝えしていますので、糖質27.6gを3食食べたら、目安を超える場合も少なくないと思います。

その場合は夕飯の炭水化物だけ抜く、などして調整してみてください。

 

紙コップなら何個も入ったものが100均でも買えますし、目安量もつけやすく、洗い物が少なくなるのも嬉しいところですね。

 

毎回紙コップを捨てる事に抵抗がある場合は、だいたい同じ大きさのプラスチックのコップを選んでみてはいかがでしょうか。

 

今や100均の紙コップやプラスチックコップは種類も様々なのでお気に入りを見つけてみるのも良いですね。

 

更に食欲を抑える為には青色を選ぶと良いでしょう。

 

青色は食欲を抑制する心理的な作用もあるので、食器に使うとダイエット効果があると言われています。

 

そんなわけで、今日は韓国発祥の紙コップダイエット法をご紹介しました。

 

お茶碗にご飯が残っていると、腹八分目でもついつい無理して食べきろうとしてしまう事ってありますよね…。

 

最初から分量を少なめにしておけば、「そんなもったいない精神」による食べ過ぎも改善できますよ。

 

よかったらあなたの糖質コントロールに役立ててみてください。

 

PS…

以前ご紹介した酢納豆のご感想をたくさん頂きました!

中には「納豆苦手だったけど、酢納豆だったら食べられた!」といった嬉しいご感想も♪

カラシ入れても大丈夫かなぁ?と悩まれている方もいらっしゃいましたが、納豆パックに付いているカラシであれば少量なので、そこまでシビアにならなくても大丈夫ですよ!

(花田宛てにオススメ納豆やレシピを教えて下さった方もありがとうございます!)

 

酢納豆の過去記事はこちらです。

「酢納豆」は糖質コントロールダイエットの強い味方!

 

全ての方の意見や質問に片っ端から回答する事はできないのですが、これからも皆さまの貴重な声をありがたく受け止めて、少しでも役に立つダイエット情報をお届けしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

花田 恵利香

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)