忘年会でも糖質コントロールをつらぬく小技

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:花田 恵利香

 

こんにちは

 

花田です。

 

そろそろ忘年会のシーズンですね。

 

こういった飲み会自体、糖質コントロール中には気が重くなる場合も多いのではないでしょうか。

 

友人とご飯を食べに行った時に、あまりに糖質糖質言い過ぎて、

ムッとされるケースもダイエッターあるあるです…。

 

どうせなら誰も嫌な思いをする事無く、楽しくお食事をしたいですよね。

 

でも、せっかく今頑張っている糖質コントロールも続行したい!

 

今日のテーマは「場の空気を崩すことなく、飲み会でもちゃっかり糖質コントロールをする方法」です。

 

実は、忘年会などにありがちな

「大人数での居酒屋コースメニュー」は、

意外と場の空気を崩さずに糖質コントロールできちゃうんです。

 

頭の中でシミュレーションしながら読んでみてくださいね。

 

コースであれば、まず登場するのが前菜ですね。

 

糖質高めの根菜類の野菜は避けつつ、低糖質な葉物野菜に狙いを定めて、たっぷりお皿に取り分けましょう。

 

会話を楽しみながら、ゆっくりシャクシャク、大皿に残っていれば「おかわりしちゃお〜♪」なんて言って、さらにシャクシャク食べましょう。

 

さらに、低糖質なお魚やお肉料理なども、いつも通りに頂きます。

 

しかし!糖質高めなイモ類のフライはスルーです。

 

もし、気の利く人が「食べないの?」と聞いてくれたら、「お芋系ちょっと苦手で…」とか「あとで取ります〜!」なんて言ってるうちに大皿から無くなっている事でしょう。

 

さて、いよいよメインです。

 

季節柄、鍋などが多くなるのではないでしょうか。

 

低糖質な、きのこやお肉、葉物野菜や豆腐などはいつも通りに頂き、身体もポカポカで代謝もアップ♪

 

ただ、塩分が多そうなスープであれば、飲み干さないように注意した方が良いかもしれませんね。

 

そして鍋なら、シメはきっと雑炊か麺類でしょう。

 

糖質が高い炭水化物は、最も避けたいところなので、周りに取り分けてあげつつ、自分の分は最後にほんの少しよそるだけにして、一緒に食べてる感をアピールしておきます。

 

もし最後の最後にデザートが出されたら、「もうお腹いっぱいで苦しいです〜!誰か食べます?」なんて言ってぐっと我慢しましょう。

 

デザートの別腹を作らない為に、満腹感を作っておく事がキモとなります。

 

前菜やお肉、魚、豆腐やきのこ類などを、会話を楽しみながらゆっくり食べてみてくださいね。

 

ドリンクに関しては、お茶系がオススメですが、どうしてもお酒が飲みたい場合は、蒸留酒を選ぶと良いですよ。

 

<蒸留酒→焼酎、ウィスキー、ウォッカ、ブランデーなど>

 

ウイスキーを炭酸水で割っただけの、ハイボールは女性人気も高くてオススメです♪

 

逆に、ビールなどの醸造酒は、糖質高めなので避けた方が良いですね。

 

<醸造酒→ビール、日本酒、紹興酒、ワインなど>

 

砂糖や果糖たっぷりな、甘いお酒(果実酒やカクテルなど)も控えた方が良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

 

今日は「忘年会でも糖質コントロールをつらぬく小技」をご紹介しました。

 

せっかくたくさんの方とお話ができる機会なので、交流第一、食事第二くらいの感覚で楽しい時間を分かち合ってくださいね。

 

もしかしたら「あれ…?もしかしてあの人も糖質コントロール仲間…?」なんて嬉しい発見もあるかもしれません…!

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

花田 恵利香

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)