お弁当で活躍!彩バツグンの低糖質レシピ


  • LINEで送る

From:平島 加奈子

 

こんにちは

 

平島です。

 

イベントごとが続いた後は食費や食べすぎを気にして外食を控えるケースが多くなるかと思います。

 

そんなとき、お弁当に使える低糖質レシピがあると便利ですよね。

 

今日はお弁当での彩もバツグンな、高たんぱく低糖質レシピをご紹介していきます。

 

今回のレシピは、鶏を使ったレシピなのでお弁当のメインおかずとして活躍してくれますよ。

 

鶏ささみの明太子巻き

 

材料(4人分)

・鶏ささみ(8本)

・明太子(1パック/80g)

・大葉(8枚)

・塩コショウ(少々)

・サラダ油(小さじ1)

 

作り方

①鶏ささみの筋を取り除き、観音開きにして、包丁の背で叩き、平らにならす。

 

②明太子を一口大に切る。

 

③鶏ささみを縦に置き、大葉と明太子を乗せて手前から奥に向かって巻く。

 

④塩コショウをして、ラップに包み形を整える。

 

⑤フライパンにサラダ油を入れて熱し、肉巻きの巻き終わりを下にして入れる。

 

中火で両面に焼き色がつくまで焼いたら完成。

 

栄養について(1人分)

・エネルギー:144kcal

・たんぱく質:28.2g

・脂質:2.5g

・糖質:0.8g

・食物繊維:0.1g

・食塩相当量:1.4g

 

低糖質なだけでなく、作り方も簡単でお弁当にも映え、満足感もあるレシピです。

 

ぜひ、お弁当を作る際は試してみてください。

 

余談ですが、今回使用した大葉は、βカロテンの含有量が大変豊富です。

 

カロテンと言えば、にんじんを例に挙げられることが多いかと思いますが、にんじん(根、皮付き、生)のβカロテン含有量が6,900μg(100g中)なのに対し、大葉(葉、生)は11,000μg(100g中)です。(注1)

 

βカロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換されます。(注2)

 

また、βカロテンには活性酸素の発生を抑え、取り除く働きもあります。(注3)

 

活性酸素は、体内の代謝過程において様々な成分と反応し、過剰になると細胞傷害をもたらしてしまうものです。(注4)

 

ぜひ今回のレシピで大葉を食べて、βカロテンを摂取してください。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

平島 加奈子

 

24/7Dieterのインスタグラムはコチラ

 

管理栄養士 宮崎なつきさん

宮崎さん

【プロフィール】
管理栄養士、薬膳コーディネーター。レシピ開発・企画、料理教室の運営・企画に従事。⠀
【一言コメント】
皆様の食事をサポートしていきたいと思っています。日々の食事をできることから少しずつ改善していきましょう!⠀

管理栄養士 宮崎さんのインスタグラムはコチラ

 

出典:

(注1)文部科学省「食品データベース」日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用

https://fooddb.mext.go.jp/index.pl

(注2)厚生労働省「e-ヘルスネット」緑黄色野菜

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-037.html

(注3)厚生労働省「e-ヘルスネット」抗酸化ビタミン

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-008.html

(注4)厚生労働省「e-ヘルスネット」活性酸素と酸化ストレス

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-04-003.html

※2019年12月10日引用

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【60,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。