脂肪の吸収を抑える日本のスーパーフード


  • LINEで送る

From:平島 加奈子

 

こんにちは

 

平島です。

 

あなたはスーパーフードという存在を知っていますか?

 

一般社団法人日本スーパーフード協会によると、栄養バランスに優れ一般的な食品より栄養価が高い食品のことをスーパーフードと呼びます。

 

食品とサプリの中間的存在で、料理としてと健康食品としての2つの用途を合わせもっています。

 

スーパーフードの代表的なものにはチアシードやカカオ、ブロッコリースーパースプラウトなどがあります。

 

これらはプライマリースーパーフードと呼ばれ注目されています。

 

そんなスーパーフードですが、実は日本古来のある食材にもあるんです。

 

・脂肪を吸収しにくくする

・代謝アップ

・便秘解消効果

 

などが期待される食材です。

 

それは…

 

酒粕(さけかす)です。

 

寒い季節によく見る甘酒は良くご存知かと思います。

 

そのもととなるのが、酒粕です。

 

酒粕は栄養価が高く、健康や美容に嬉しい成分が多く含まれていて、化粧品や石鹸の原料としても広く使われています。

 

酒粕にはレジスタントプロテインというたんぱく質が含まれています。

 

レジスタントプロテインは通常のたんぱく質とは異なり、腸内で消化や吸収がされにくいという特徴があります。

 

そのため、腸内で余分な脂質やコレステロールをからめとり、そのまま体外へ排出するという働きがあると言われています。

 

また、近年では糖質とも結合して排出されることが明らかになってきており、食後の血糖値の急上昇を抑える働きも期待されています。

 

さらに嬉しいことには、ビタミンB1やB2、B6などが豊富です。

 

ビタミンB群は代謝を上げてくれるので、肌荒れや血行改善といった美容効果もあるというわけです。

 

便秘解消には、食物繊維は不溶性と水溶性のバランスが大事です。

 

酒粕には不溶性の食物繊維が含まれますが、レジスタントプロテインは水溶性の食物繊維と似た働きをしてくれるため、便秘解消にも効果的と言われているのです。

 

そんな酒粕ですが、1日50g程度を摂るのが効果的です。

 

糖質量は100g当たり約18.6gなので、50gだと約9.3gとなります。

 

甘酒のイメージがあるかもしれませんが、料理に使っても美味しいですよ。

 

鍋料理に酒粕を溶かして入れるのが一般的です。

 

ただし、アルコールが含まれるので、気になる方は熱してアルコールを飛ばして食べるといいですよ。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

平島 加奈子

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【60,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の身体を目指せます。
  • ”どれくらい痩せられるか”まずは無料カウンセリングで聞いてみませんか?

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。